「今」を自分の時間で生きて楽しむ情報を発信する

管理人「ともっち」のプロフィール!

「読書嫌い」だった大学生が、中毒になるほど「読書好き」になった理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら

どうもともっち(@gongondai)です!

僕は、読書が大好きです。1日何冊でも読めてしまうほどの中毒レベル笑

でも、昔はそんなことなかった。本といえば小説をちょっと読んだくらい。

でも、一冊の本で変わりました。

その本に出会って、僕は中毒のように読書に没頭するようになります。

なぜ読書に没頭してしまったのか?

きっかけは、就活中に東京で暇していた時、突然訪れました。

ある企業の面接官がDAIGOさんの「自分を操る超集中力」という本をオススメしてくれたんです。

なぜオススメされたのかは覚えていないですが、テレビに出ているDAIGOさんの本ということで覚えていました。

そして、たまたまTSUTAYAで目に入ったので買ってみることに。

「自分を操る超集中力」を読んで、僕の読書熱に火がつきました。

ここに書いてあること、全部日常生活で使えれば、最強じゃん。

早く読んでたら、俺の受験勉強とか英語の勉強はもっと捗ってたのに!

ともっち

読書から、人生をうまくやっていく大きなヒントを得たような感覚でした。

この時期から1日2冊とか3冊の本を読むようになっていきます。

 

「1日数冊も本を読んでて飽きなかったのか?」と思うでしょう笑

しかし、全く飽きなかったんです。僕の性格でもあるんですが、何かに熱中すると結構そればっかりになってしまうんですね。

では、なぜ苦痛もなくそんなに本を読めたのか?

それは、読書をすることによって自分の生活が改善され、幸せになっていっている気がしたからです。

読書のシャワーを浴びて感じた意義

MichaelGaida / Pixabay

1.問題意識の連鎖

僕が読んでいた本は、ビジネス書や自己啓発本です。

僕は、それらの本に人生の問題の解決策を見出していました。

僕にとって、読書は、問題解決のための教科書、処方箋のようなものだったのです。

時には、問題解決のための本から問題意識が芽生えたりします。

これってすごいことです。普段の生活では問題意識が芽生えることすら難しかったりもしますからね。

そこで感じた問題意識を他の本に解決策を求めるみたいなこともありました。というか、それの連続だったかもしれないです。

僕は、その感覚が好きでした。

読書によって、問題意識の連鎖が起きる。そして、どんどん解決されて人生が楽になっていく。

そんなイメージですかね。

2.先人の知恵がたった1000円で手に入る

読書によって、普段会うことができないような人、達人の経験、知恵をそのまま手に入れられることができます。

そして、その経験や知恵は何年、何十年とかかって積み重ねられたもの。

そんな宝が詰まったものが一冊の本で、その価格はたった1000円程度。

本ほど費用対効果のいい自己投資はありません。

僕が、読書に没頭してしまった大きな理由の1つです。

本を読む中で気づいたアウトプットの意義

前述したように、僕は、本を読むことによって、先人たちの知恵や経験を大量に浴びることができました。

しかし、ある時に気がつきました。

今大量に知識が入ってきているけど、結局、自分の実生活にあまり役立っていないじゃないか?

実践できていないんだったら読書何て意味あるのかな?

知識のストックどころか忘れてるきてるじゃん

ともっち

こう思ってから、読書のインプットとアウトプットのバランスをかなり意識するようになりました。

でも、アウトプットって結構難しいんですよ。

人に伝えようと思ったら、頭の中でしっかり整理できていないといけないですし、自分の生活に応用しようと思ったら、もっと頭使います。

ただ、そこが重要です!

この本のエッセンスや良さをどうやってブログで伝えよう・・・

このコミュニケーションスキルを仕事で応用できないかな?

ともっち

とかめっちゃ考えるようになります。

本をアウトプットに結びつけて読むようになってから、深く考える癖がつきました。

また、本で得た知恵が定着しやすくなり、自分の生活にも応用できるようになりましたね。

読書で人生が変わります。

さいごに

読書嫌いだった僕が読書好きになった理由を書きました。

読書のメリットをもう1度まとめるとこういうことです。

読書のメリット

  • 本は人生の問題解決の処方箋、教科書
  • 本に書かれていることは、偉人たちの長年の知恵や経験
  • 読書によって新たな問題意識が生まれる
  • 最も費用対効果の高い自己投資
  • アウトプットの意識化で、知恵の定着化、生活の豊かさに繋がる

自分の人生を変えるようなな発見があるのが読書。

あなたも読書を習慣化してみてください。

ともっち(@gongondai)でした!

【危険!!】自己啓発本は中毒のように無限ループする

感想・意見・質問は大歓迎です!!

ツイッターフォローお願いします!ブロガーともっち(@gongondai

ともっち

この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ともっちのエンタメ , 2017 All Rights Reserved.