LINEでお役立ち情報を発信中

大学生の就活やスキル習得を支援するブログ

大学生起業にオススメの業界・業種や職種は?【儲けのコツも解説】

アバター
WRITER
 
大学生 起業 職種
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

僕は、大学在学中にメディアビジネスを始め、卒業後はそのまま新卒フリーランスとして独立しました。

現在は24歳で、会社をWeb集客や動画制作を代行している会社を経営しています。

 

今現在、月収ベースで月100万円が安定している僕ですが、僕が24歳でもなんとかここまで来れたのは、起業する市場がよかったからだと思います。

業界が成長しており、かつ比較的高単価になりやすい業種だったのです。

 

本記事では、起業を成功させたい大学生にオススメの業界・業種を紹介します。

 

学生起業で選ぶべきビジネス。5つの条件とは?

 

まず、学生起業を成功させるなら、押さえておくべき5つの条件をお伝えします。

対象者はビジネス初心者なので、ビジネス経験豊富な方にはあまり参考にならないかもしれません。あくまで、「高確率で成功しやすく、大きな失敗をしづらい」をテーマとしています

以下、5つについて解説していきます。

  1. 在庫を抱えない
  2. 初期費用がかからない
  3. 人を雇わない
  4. 6ヶ月以内に「売上げ」が入る
  5. 成長業界を選ぶ

条件1.在庫を抱えない

 

まず、在庫を抱えないビジネスを選びましょう。

いきなり、カフェ経営・バー経営などの飲食業を始めるとか、3Dプリンタを作るとか、在庫が生じるようなビジネスはリスクです。

「売れると思って在庫を抱えたはいいものの、全然売れない…」これは起業の失敗あるある。

特に、学生の間は、まだ業界知識・ビジネス感覚がそこまで育っていないので、「在庫を抱えない」は必須。

 

在庫を抱えないビジネスについては後述します。

 

条件2.初期費用がかからない

 

続いて、初期費用をかけないということも大事です。

いきなり事務所を借りる、親や先輩から借金をする…とか、危険です。

 

初期費用をかけて良いのは、売り上げ見込みが立つ時ですね。

僕はメディアビジネスで起業したのですが、初期費用はブログのサーバー代・WordPressテンプレート(ブログの型みたいなもの)だけ。トータル2万円くらいだったと思います。

 

初期費用は、人からお金を借りない範囲内の初期費用に留めると良いでしょう。

 

条件3.人を雇わない

 

僕は、現在大学生インターンなどにお金を払ってビジネスをしていますが、人を雇うってなかなかの責任がいるな…と感じます。

少額だろうと、雇用に際して、彼らの生活に対する責任を負う必要がありますからね。

 

ビジネスが軌道に乗ってきたら良いのですが、最初は、売り上げ未入金・事業撤退などのハプニングも起こり得ます。

だからこそ、責任を持つのはあなただけにするべし。

最初は、お金を払って人を雇用するというのは、リスクになります

 

条件4.6ヶ月以内に「売上げ」が入る

 

次に、「即金性の高いビジネスをやりましょう」という話。

起業するからにはみなお金を稼ぐ方法を考えます。

稼ぐというのは起業の最重要事項です。

 

だからこそ、売り上げゼロの期間が長々と続いて、萎えない人はいません…。

1年も2年も売り上げがゼロだと、「俺って才能ないのかな…?」「自分には起業なんて向いてない!」とモチベーションが下がります。

そこそこ早いタイミングで売り上げないと、挫折してしまう可能性が高いのです。

 

僕がオススメするのは、3〜6ヶ月以内に「売上げ」が入るビジネスを手がけること。

これ関しても後ほど詳しく解説します。

 

条件5.成長業界を選ぶ

 

最後に、成長業界を選ぼうよ、という話。

冒頭でも述べましたが、僕がスキルゼロから一年で月収100万円を達成できたのは、業界がよかったから。

Webメディア事業の市場が伸びており、かつ先ほど挙げた在庫・初期費用・雇用がなく、3〜4ヶ月で最初の売り上げがあったのが幸いでした。

 

もし、僕が衰退している業界でどんなに努力しても、収入はゼロだったと思います。

業界・業種というのは、それほど大事なもの。

今の時代だったら、IT業界の範囲で戦うのが賢明だと思っています。

 

学生起業でも勝てる!今後伸びていく業界・業種を解説

 

学生起業でも勝てる分野は、成長業界の中で隙を見つけることです。

 

IT業界は学生でも勝負しやすい

 

まず、学生起業でも戦える成長業界はITだと断言します。

Webはすでに伸びていますし、AI・ブロックチェーンなど、これから来るITの力で10年後には想像もできないような変化が世に起きていることでしょう。

 

そして、IT業界は、学生の失敗率もグッと落ちます。

なぜなら、先ほど述べた5つの条件を満たしているから。

  1. 在庫を抱えない
  2. 初期費用がかからない
  3. 人を雇わない
  4. 6ヶ月以内に「売上げ」が入る
  5. 成長業界を選ぶ

 

Webサイト制作・Webライティングなどが代表的ではありますが、これらはリスクが低い上に、勉強期間が2〜3ヶ月があれば十分で、6ヶ月あれば月収20〜30万を狙えるほどの即金性があります。

後ほどビジネスネタを詳しく解説しますが、学生起業ならばぜひIT分野を選んで欲しいです!

 

ポイントは「IT×〇〇」の掛け合わせ

 

ITで勝負する際に、気をつけたいのは、誰を対象にビジネスをするか?です。

というのも、なんとなーくやっていても、その他の競合に埋もれてしまうからです。

 

僕がオススメするのは、ITが進んでいない分野にITスキルを売り込むこと

例えば、地方の会社にWebサイト制作を持ちかけるなど。

地方には、いまだにチラシのみで集客しているような会社もあるので、そこで「Webサイト制作をしませんか?」「Webを作ってお客さんを集めれば、チラシのコストを抑えられますよ!」など。

 

上記はざっくりですが、ITを必要としている地域・分野に、ITスキルを持ち込めば、単価も上がりやすいのです。

 

学生起業するアイデア・ネタ5選【具体的方法】

 

では、具体的にどのような方法で、起業するのがいいでしょうか?

僕がオススメする学生起業のネタを5つだけシェアさせてもらいます。

 

1.Webサイト制作

 

現在、特にやりたいことがない…強みのない大学生こそ、プログラミングスキルを身につけ、Webサイトを作れるようになっておくと、案件受注で、1年以内に手堅く月30〜50万円を稼ぐくらいにはなれます。

 

一度プログラミングを身につければ、大学生にして大金を在宅で稼ぐことが可能ですし、そのスキルは一生もの

将来的に、完全リモートワークで月100万稼ぐといったことも可能ですし、自社でWebサービスを作ることだって可能です。

Facebookだって、元々はザッカーバーグが思いついて作ったWebサービス。

プログラミングができれば、Webのおける無限の可能性が広がっています。

参考記事独立・フリーランスを目指す大学生はプログラミングが最速ですよ。

 

2.ブログ広告ビジネス

 

次は、僕が独立したブログで広告収入を得るという稼ぎ方

あなたの体験談を通して、ブログで企業の商品を紹介し、読者さんがその商品を買ってくれれば、お金を稼ぐことができるのです。

僕は、大学卒業時には1円も稼ぐことができていませんでしたが、大学卒業から半年ほとで月収70万円ほど稼ぐことができるように…

今では、ブログで培ったWeb集客スキルで法人向けのコンサルティングをしたりもしています。

詳細記事【月収70万円突破】開設1年で確信した「ブログで稼ぐ」に大切な原則

 

また、少ないブログアクセスで稼ぐ方法を記した有料noteが通算170万円分売れました。

有料noteたった12,000PVでアフィリ収益23万を達成した僕が語る低PVでも高収益を狙う方法

大学生限定で、このnoteを購入してブログを始める方には、プチアドバイスをします。

ツイッターでDMくれればOKです→@gongondai

 

3.SNSインフルエンサー

 

続いて、学生ならご存知のインフルエンサー。

インスタグラムだったり、ツイッターだったりで、たくさんのフォロワーを抱え、企業案件などを投稿することでお金を得ることができます。

何か特別なスキルというよりかは、アイデア・世界観・発信コンセプトが大事なので、センスが問われますね。

 

金銭的なリスクは完全ゼロなので、学生にオススメです。

僕の友人である「ヤッピー」さんという方は、細くて小さいメンズを対象にファッションコードを投稿し、今フォロワーが2万人以上います。インスタだけで、かなりの収入があるそうです。

View this post on Instagram

こんにちは✨   見た目とインスタブランディングの 専門家のヤッピーです🤓   幼稚園と保育園の夏休みが 終わり、あっという間に日常に 戻りました🤭  子供と海行ったり、花火したり、 スイカ食べたり🍉  楽しく過ごせました✨  どんな夏休み過ごしましたか?   〈ラストサマーコーデ〉  このアロハシャツを街で着る勇気が なかったです😂  海行ったのに、このシャツのことを 忘れるという悲劇✨  トートバッグとパンツと時計を白で まとめて、the夏休みスタイルです🏝  次回からはドレススタイルにしますー✨   〈プレゼント🎁〉   半年間で15万人のフォロワーさんを 増やした最新インスタブランディング 動画10本プレゼント中です✨ 👏  プロフィールから LINEのお友達追加で プレゼント中です🙏✨    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓  @yappy_fashion  LINEからの検索からでも @ yappy でてきます💁‍♂️   (@忘れないでね)   今日も素敵でヤッピーな1日を🤓✨

A post shared by メンズファッション/ʏᴀᴘᴘʏ(㋳ッピー ) (@yappy_fashion) on

 

 

4.youtuber

 

続いて、みなさんおなじみのyoutuber。

こちらもブログと同じで、基本的には広告収入です。

 

youtubeのいいところは、今後5Gなどの通信技術が到来し、動画の時代になっていくことを考えると、とてもバブリーだということ。

億を稼ぐ人も出てきたりと、ブログよりも市場規模が圧倒的に大きいのです。

ともっち

 

また、youtubeにもブログにも言えるのですが、これらのメディアビジネスは自分が働かなくても自動的に収入が入ってくるという強みがあります

一度、動画やブログ記事を公開すれば、そのコンテンツはネット上で読まれ続けますし、広告収入も自動的に入ってくるんです。

僕のこの記事も同じですね。

書くときには3〜4時間かかりますが、一度アップすれば、僕が寝ていても、読まれ続けます。

 

5.マッチングビジネス

 

最後は、IT以外で下記5つを満たしたマッチングビジネス。

  1. 在庫を抱えない
  2. 初期費用がかからない
  3. 人を雇わない
  4. 6ヶ月以内に「売上げ」が入る
  5. 成長業界を選ぶ

 

例えば、大学生家庭教師と高校生をマッチさせ、時給の一部をいただくビジネス。

家庭教師の時給が3000円ならば、2500円を大学生に渡し、あなたが500円を抜く感じですね。

もちろん、集客が1番難しいのですが、リスクは小さいビジネス。

家庭教師が稼働するたびに、継続的な収入が入るのが大きいですよね。

 

学生起業は伸びる業界・業種で小さく始めよう

 

さて、本記事では、学生起業で選ぶべきビジネス5つの条件と、具体的なビジネス案をご紹介しました。

これから、起業する学生はぜひ参考にしてみてください!

以下の記事もオススメです。

参考記事【完全版】大学生が起業するメリット・方法・アイデア総まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大学生が始める最高の自己投資 , 2019 All Rights Reserved.