株式会社グロースバリュ代表取締役 | Webマーケティング | SEO集客

挫折させない!WordPressでブログを開設する全手順【後は書くだけ】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
どうも!池邊友大(ともっち)です!経歴:新卒内定の外資コンサル入社辞退→借金60万円...→1日15時間労働→死ぬ気で月収100万達成!→法人コンサル6社経験→株式会社グロースバリュ代表取締役。 SEO集客・ホワイトボードアニメーション制作のお手伝いをしています!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。WEBマーケターのともっちです。

今日は、あなたが今すぐブログを書けるような状態になることを目的に、以下のような初期設定を解説していきます。

  1. サーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. WordPressインストール
  4. WordPressテーマ設定(デザインなど)
  5. WordPress初期設定

 

今でこそ、ブログで月50〜60万稼げている僕ですが、最も大変だったのがWordPressの設定

この記事では、あなたが絶対挫折しないように、丁寧に解説していきます!

ともっち

 

この記事一つで、WordPressでのブログ開設は完璧だと断言できるので、ぜひ最後まで読んでいただきつつ、ブログを一緒に開設していきましょう!

まずは、WordPressでブログ記事を当たっての全体像を知りましょう。

 

WordPressブログを始めるStep0.全体像を理解しよう

 

よく、「ブログで稼ぐ」「アフィリエイトブログで稼ぐ」なんて、聞いたりするかと思いますが、99%の場合はWordPressブログのことを指していると思ってください。

そのくらい、WordPressブログは人気で、操作が簡単だったり、カスタマイズ性が優れていたりと、選ばれるだけの理由があります

 

まずは、ワードプレスでブログを開設する際にあたって以下を1分で説明します。

  • 何が必要なのか?
  • いくらお金がかかるのか?
  • どのくらいの時間がかかるのか?

 

WordPressのブログ開設に必要な5Step

WordPressブログ始める 手順

ワードプレスでブログを始めるには、5つの手順が必要です。

  1. サーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. WordPressインストール
  4. WordPressテーマ設定(デザインなど)
  5. WordPress初期設定

専門用語が続いたので、WordPressブログの始め方を以下のようにたとえます。

  1. 土地(サーバー)を借りて、
  2. 住所(ドメイン)を決めて、
  3. 家(WordPressブログ)を建てて、
  4. デザイン(WordPressテーマ)をして、
  5. 家具(WordPress初期設定)を揃える

 

ブログ開設の5Stepにかかる時間と費用は?【意外とラク!】

手順 かかる時間 かかる費用
1.サーバーの取得 10分 約1000円/月(初期費用3000円ほど)
2.ドメインの取得 10分 約1000円/年
3.WordPressインストール 5分 0円
4.WordPressテーマ設定 10分 0円〜25000円ほど(最初だけ)
5.WordPress初期設定 1時間〜1時間半 0円

 

WordPressブログを始めるのには、合計2時間ほど、かかる費用は基本的にドメインとサーバー代だけ、必要に応じて有料WordPressテーマの購入が必要(後で詳しく説明)になります。

なお、後ほど詳しく書きますが、ドメインを取得しても、インターネットに反映されるまで、数時間〜1日ほどかかる可能性があるので、手順1、2と手順3、4、5は日にちを分けてもいいかもしれません。

 

つまり、最初はたった5000円ほどあればブログは始められますし、月額固定費もたった1000円ほど

今後、あなたがブログを使って稼いだり、ブログで仕事を取りたい、ブログで自分を表現したいという場合にあたってかかる額はごくわずかということです。

また、技術的に必要な知識はほぼゼロ。

この記事に書いてあることをそのまんまやれば、十分です!

 

ということで、先に進みます!

まずは、サーバーとドメインを取得しましょう。

 

WordPressブログ開設Step1.サーバーを契約しよう

WordPressブログ サーバー取得

1.エックスサーバーの申し込み

 

まずは、サーバーの申し込みですね。

サーバーには様々ないろんな種類がありますが、選ぶのは『エックスサーバー 』一択だと断言します!

理由は3つあります。

  1. 多数のアクセスがあっても耐えられる容量が大きいから。
  2. ワードプレスのインストールが簡単だから。
  3. トラブルがあった時の対応が充実しているから。以前、僕も急遽電話して、すぐに問題解決を手伝ってもらいました。

 

多分、WordPressを使っているブロガーやビジネスマンのほとんどが、エックスサーバーを使っていますし、あなたも迷いなく『エックスサーバー 』を使えばOKです!

 

では、エックスサーバーの契約手順を説明していきます。

こちらのリンクを開いて一緒に進めていきますので、ご準備お願いいたします。

まずは、「お試し10日間無料」をクリックします!

※エックスサーバーはお試しで10日間無料体験ができます。

エックスサーバー申し込み

 

 

次、「サーバー新規お申込み(無料お試し10日間)」のボタンをクリックします。

エックスサーバー 新規申し込み

 

続いて、契約内容や会員情報、などをどんどん入力していきます。

サーバーIDは、特に何かに使うわけではないので、ある程度覚えられるものであれば大丈夫です!

プランはX10にチェックでOKです。100万PV超えるようなブログだったら、X10では厳しいですが、よほどでない限り問題なしです。

エックスサーバー 会員情報入力

 

各項目に入力が終わったら、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意し、「お申し込み内容の確認」をクリックします。

 

申し込みが確認すると、あなたが先ほど登録したメールアドレス宛に、「Xserver サーバーアカウント設定完了のお知らせ」が来ると思います。

また、メール下部に、メールアドレスとパスワードが記載されたユーザーアカウント情報が添付されているかと思います。

アカウント情報は、今後ログインなどに使うため、非常に重要なので、メモしておきましょう

また、サーバーパネルのログイン情報は後ほど利用します。

エックスサーバー 本人確認

サーバーパネル メール

なお、次のプロセスがサーバー料金の支払いですが、できるだけ今のうち支払いを済ませておきましょう

今は、あくまで仮申込の状態なので、10日間の無料期間が終わったらサーバーが使えなくなってしまいます。

ということは、仮にこの後WordPressの設定を一生懸命行ったとしても、支払いを忘れてしまうと努力が水の泡になってしまう可能性があるんです…。

 

もちろん、覚えていられる人はいいんですが、「ブログを頑張っていこう!」と覚悟を決めてい人は、できるだけ今「初期費用+月額費用」の支払いを済ませましょう!

 

2.エックスサーバーの「Xserverアカウント」で料金の支払い

 

料金の支払いを行うためには、先ほど送られてきたIDとパスワードを利用して、Xserverアカウント(旧インフォパネル)にログインします。

Xserverアカウントにはこちらからログインできます。IDとパスワードを入力してログインしてください。

※Xserverのサーバーパネルではないので、注意してくださいね!

エックスサーバー インフォパネルログイン

 

ログインすると次のように、インフォパネルと呼ばれる管理画面に入ることができますので、

早速右下の「料金のお支払い」から入金手続きをしてください

エックスサーバー料金の支払い

 

次に、更新期間を設定し、お支払い方法を選択します

※僕の画面は、サーバーが二つあり、更新期間が12ヶ月になっていますね。

エックスサーバー 支払い

 

なお、更新期間は長くするほど1ヶ月あたりの単価は安くなります。僕は全て12ヶ月での契約にしていますが、まずは3ヶ月とかでもいいと思います。

3ヶ月にした場合は、初期費用と月額費用で6600円(税込み7260円)になりますね。

エックスサーバー 月額費用と初期費用

 

更新期間が決まったら、「お支払い方法を選択する」のボタンをクリックします。

 

3.支払い方法は4種類

 

支払い方法は下記の4つになります。

  1. 銀行振込
  2. クレジットカード
  3. コンビニ払い
  4. ペイジー

基本的には、クレジットカードでの支払いがラクだと思います。

なお、エックスサーバーは支払い時に、「自動更新設定」をすることもでき、払い忘れを防止することもできます。僕も長期的にブログを運営をする予定なので、全てのサーバーで自動支払い設定にしています!

 

エックスサーバーでの契約は下記の画面が出れば終了です!

エックスサーバー契約終了

 

続いて、ドメイン(家)の取得をして、サーバー(土地)に反映しましょう

 

WordPressブログ開設Step2.ドメインを取得しよう

WordPressブログ ドメイン設定

 

1.ドメインの申し込み

 

では、早速あなたのHPで利用するドメインの申し込みをして、サーバーの上にドメインを置く手続きをしていきます

ちなみに、ドメインとは、僕のブログでいうと、以下のような感じになります。
→https://tomocchi-22-hap.com/

また、僕の会社のドメインはこんな感じです。
→https://growth-value.co.jp/

このように、名前を入れたり、会社名を入れたりと、自由に設定できるのがドメインです。

できれば、あなたの発信内容と関連するドメイン名がいいですね!

 

ということで、ドメインを申し込むわけですが、今回はドメインの申し込みとして、最も簡単な方法をご紹介します

先ほど、Xserverアカウント(インフォパネル)にログインしていたと思うのですが、今回もそちらを利用してドメインを取得します。

画面左手のメニューにある『+サービスお申し込み』をクリックしてください。

 

もしエックスサーバーがキャンペーン中の場合は、『キャンペーンドメイン』をクリックしてください
例:2020年2月本記事執筆時には、2020年4月30日までの申し込みで、ドメインが一つ無料になります。

ドメイン取得 エックスサーバー

 

今回は、『+サービスお申し込み』でドメインを取得する際の手順を紹介します。

まず、「エックスドメイン」から、新規申し込みを選択します。

ドメイン取得 エックスドメイン

 

利用規約に同意し、最後「同意する」を押します。

 

続いて、ドメインを名付け、「.com」「.net」など好きなものを選ぶとともに、そのドメインが取得可能かを確認してください。

今回は、tomocchi.comで試しており、どうやら使えそうですね(他の人が使っていなさそう)!

 

ドメインチェック

 

また、価格は「tomocchi.com」だと880円/年、「tomocchi.net」だと1298円/年、「tomocchi.xyz」だと33円/年でした。

個人的には、いわゆる「サイトっぽさ」の出る、「.com」「.net」「.jp」がオススメですかね….。

ブログ運営上何を選択しても問題ありませんし、正直なんでもOKなのですが、価格や語尾にこだわりのない方こそ「.com」「.net」「.jp」あたりを選ぶといいでしょう!

また、登録年数はまずは1年でいいかと!

 

続いて、「エックスサーバー」を設定し、支払い画面に移っていきます。

ドメイン 支払い画面遷移

2ドメイン料金のお支払い

ドメイン料金支払い

先ほど決めたドメインが正しいか?

期間や価格が正しいか?最終確認します。

このドメインは1度決めたら後で変えることができないので、注意してください

 

確認ができたら、サーバーで支払った時と同じように、クレジットカードで決済を行います。

『カードでの支払い(確定)』ボタンをクリックしたら、支払いが行われ、ドメインの取得は終了です。

 

3.ドメインをサーバー上に反映

 

続いて、ドメインを先ほど契約したサーバー上に反映するのが、今回は サーバーパネルを利用します

※「サーバーパネル」へのログインには、「サーバーアカウント設定完了のお知らせのメール」にある「サーバーパネル(アカウント)情報」にある情報をそのまま使えば大丈夫です。

サーバーパネル メール

ドメイン サーバー反映 エックスサーバー

 

次に、「ドメイン設定」→「ドメイン設定追加」をクリックします。

「ドメイン設定追加」タブを開いたら、先ほど取得したドメインを入力します。

その後、「確認画面」へ進んで、確定を押せばドメインの反映は終了です!

ドメイン反映 エックスサーバー

 

ドメイン設定はこれで終了です。

なお、ドメインが正常にインターネットに反映されるには最大24時間程度かかりますので、あとはゆっくり待ちましょう

ちなみに、僕はこれまで合計10ドメインくらい取得してきたのですが、平均3〜5時間ほどで終わるイメージです。

 

なので、今日時間があるって方は、また後で。

そして、今日はもう時間がなさそうって方は、また明日にでもWordPressをインストールすれば大丈夫です!

 

いったん休憩を挟んで、WordPressのインストールに移りましょう

次からはいよいよブログ作業らしくなっていきますよ!

 

WordPressブログ開設Step3.WordPressをインストールしよう

WordPressブログ インストール

 

Step3。いよいよWordPressのインストールですね。

最初の頃は、何をやっているかわかりづらいかもしれませんが、手順通りに辛抱強くやっていただければ嬉しいです!

 

僕も最初は大変でしたが、ブログ初期の大変な時期があったからこそ、今はブログでご飯を食べることができています。

ともっち

ちなみに、ワードプレスのインストールは数分で終わる簡単な作業なので、身構えなくて大丈夫です

 

1.WordPressをインストールする

 

まずは、先ほども出てきた「サーバーパネル」にログインして、下の方にある「WordPress」→「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

WordPress簡単インストール エックスサーバー

次に、「WordPress簡単インストール」から「WordPressインストール」のタブをクリックすると、WordPressのインストールをするに当たって必要な情報を入力することになります。

エックスサーバー WordPressインストール 情報

入力事項
  1. サイトURL:あなたのドメインになっている確認してください。
    (※おそらく最初は触る必要はなしです。)
  2. 下位のサイトURL:そのまま空欄でOKです。
  3. ブログ名:お好きなブログ名をご記入ください。
    (後から簡単に変えられます。)
  4. ユーザー名:ログイン時に使用するユーザー名です。
    (メモしておくといいです。)
  5. パスワード:ログイン時に使用するパスワードです。
    (こちらもメモしておいてください。)
  6. メールアドレス:ご自身のメールアドレスをご入力ください。

また、このほかにも、次の項目があると思いますが、次のように設定してください。

  • キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択。
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択。

これら全ての入力が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

「以下の内容でWordPressをインストールしますか?」というページに移り、内容に問題がなければ「インストール(確認)」をクリックしてください

その次に、最終確認が出てくるので、「インストール(確定)」を押せば、WordPerssへのインストールが完了します。

WordPressブログ インストール

※上記のように、「「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と表示されますがこちらは気にしなくて大丈夫です。

インストールが完了すると、「管理画面URL」「ログイン情報(ユーザー名・パスワード)」が発行されるので、こちらの情報をもとに、いよいよWordPressブログにログインします。

今後、あなたがブログを設定するときや、投稿するときなど、あらゆる時に利用する管理ページです。

  • ログイン情報(ユーザー名・パスワード)をメモる。
  • 管理画面URLはブックマークする。

これでWordPressのインストールは全て完了です。

早速、管理画面(ドメイン/wp-admin/)からログインしてみてください!

先ほどのユーザー名、パスワードを入力したら、WordPressの管理画面がみられるのでは?と思います!

WordPressブログ開設完了

 

ただ、もしかすると、「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく置いて再度アクセスをお試しください。」と表示される可能性もあり、この場合は、時間をおくか、ブラウザのキャッシュを削除することで解消でき流と思います。

 

2.WordPressにログイン後の簡単な初期設定

 

今、あなたのサイトのアドレスは「http://」から始まっていると思うのですが、これを「https://」から始まるアドレスに変更していきます。

わざわざhttpsに変更する理由は下記2点です。

  1. Webサイトを安全に運営するため
  2. 検索で上位表示させるため

まず、SSL化(sをつけること)をすることで、情報を暗号化して送受信できるようになるので、乗っ取られたり、迷惑メールが来る可能性が激減するのです。

セキュリティが強くなります。

 

また、検索でも上位表示されやすくなります。

2014年8月にGoogleが下記のように公式発表しているくらいです。

HTTPSを検索順位を決定する際の判断指標に利用する

ということで、「https://」化するのはもはや義務レベルのお話しです。

 

手順は結構簡単です。

まずは、先ほども出てきた「サーバーパネル」にログインして、SSL設定をクリックします。

WordPressブログ開設 SSL化

 

続いて表示されるあなたのブログのドメインが表示されると思うので、そちらを選択したら、次のような画面が出ると思います

下のタブを「独自SSL設定の追加」というに切り替えて、ドメインを確認します。。

エックスサーバー SSL化

 

サイトアドレスは、www付きのURLになってますがこれで問題ありません。

また、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れる所がありますが、ここはチェックを入れなくても大丈夫です。

入力できたら右下の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

 

なお、最近はドメインの取得時点でSSL化も同時に終わっている可能性も多いようなので、「既に設定済み」という表示がされる場合もありますので、その時はSSL化が終わっているものだと思ってください。

 

SSL化の設定が済んだら、以下のような画面が出てきますので、少し待ちます。

SSL化 エックスサーバー

 

少し待つと以下のような画面が出てきます。

https化 完了

 

「戻る」をクリックしたら、SSL設定の一覧をクリックし、SSL用アドレスをクリックしましょう。

httpsアドレス

 

すると、多分以下のように「この接続ではプライバシーが保護されません」と出るはずなんですよね….。

https化エラー ブログ開設

 

ただ、これは仕方ありません。

まだ設定が反映されていないため、上のような画面が表示されているのです。

SSL設定が反映されるまで最大1時間かかるので、ちょっと息抜きして待ちましょう

 

また、1時間後くらいにチェックしてみてください!

きっと、https://〜の方もしっかりと表示されるかと!

 

4.WordPressで一般設定を変更

 

SSLの設定が反映されて、httpsのURLで自分のブログが表示されたら、WordPressの設定を変更します。

WordPressにログインし、「設定」→「一般」と進み、クリックします。

WordPress一般設定変更

 

一般設定の中に「WordPress アドレス (URL)」と、「サイトアドレス (URL)」という項目があると思うので、両方とも「http」から「https」に変更してください(必ず小文字で)

 

https化設定変更 WordPress

 

変更できたら、必ず「変更を保存ボタン」を押してください

WordPress一般設定 保存

 

すると再度ログイン画面に戻りますで、改めてログインし、ブログを確認してください。

問題なければOKです!

 

最後一つだけやることがあります!

 

5.httpのURLをhttpsにリダイレクトします

 

最後、https化リダイレクト作業というのを行います。

これは、「http://〜ドメイン名」であなたのサイトを検索しに来た読者がいた場合に、httpに飛ばさせず、自動的に「https://〜ドメイン名」に飛ばすことを言います。

これによって、httpで検索してきたユーザーにしっかりと「https://〜ドメイン名」とあなたのサイトを表示されるようにするのです。

 

では、そのための作業を行います。

まず、エックスサーバーの「サーバーパネル」上で「.htaccess編集」をクリックしてください

.htaccess編集をクリック

 

続いて、リダイレクトするあなたの「https://〜ドメイン名」を選択します。

続いて、タブを「.htaccess編集」に切り替えて、「.htaccess」ファイルの先頭に以下のコードを追加します。

そして「.htaccess」ファイルの先頭に▼のコードを追加します。

以下のような感じです。

WordPress開設 https化 テスト

 

追加できたらしっかりと保存します(「実行する」ボタンを押す)。

 

その後に一応、「http」で調べてサイトが表示されるか?テストしてみてください!

httpでアクセスできるか確認すると、httpsに飛ぶようになっているはずです。

これにて、WordPressのインストールとhttps化は終了です!

 

次にWordPressテーマを選んでアップロードしましょう!

 

ブログ開設Step4.WordPressテーマを選択&アップロードしよう

WordPressブログ テーマ設定

 

これから、WordPressテーマを選んで、あなたが開設したブログにアップロードします。

WordPressテーマとは、Webサイト全体のテンプレートのことで、デザイン・サイトの構図などが最初からある程度決まったパッケージです。

たまに初心者の方で、一からWordPressブログをカスタマイズ使用する方がいますが、僕はオススメしません

優れたデザインやSEOなどの機能面も充実したテンプレートを使って、あなたは記事を書くことに集中するべきだからです。

 

しかも、WordPressテーマは無料のものもたくさんあります!

ともっち

この章では、簡単にWordPressテーマの選び方をお伝えするとともに、テーマアップロードの方法をご紹介します。

 

初心者におすすめWordPressテーマは?【有料or無料?】

 

僕はこれまで無料・有料含めて5種類以上のWordPressテーマを使ってきましたが、選ぶ基準は以下になってくると思います。

WordPressテーマの選び方まとめ

1st. まずサイトの運営目的を考える

2st. 絶対に外せないポイントを抑える

  1. SEO対策がなされているか?
  2. 初心者でも設定が簡単か?
  3. レスポンシブ対応をしているか?
  4. 「使い回し」できるライセンスが与えられているか?
  5. 信頼できるテーマか?

3st. サポート・情報量が多いかをチェックする

  1. 個別サポートが付いているか?
  2. 情報量が多いか?

 

もちろん、無料テーマで上記を満たしているものもたくさんあります。

ただ、僕はどちらかというと、有料テーマ押しです。以下の記事にも書いていますが、無料テーマは「サポートが少ないことが多い」「設定が大変なことが多い」からです。

参考記事WordPress初心者が「有料テーマ」を使うメリットを「無料テーマ」で失敗した僕が語る

 

なお、僕が使っているブログテーマは「SEAL ver.1.5」です。

ぜひ、以下の記事を参考にWordPressテーマを選んでみてください!

参考記事【おすすめ】複数サイトで使い回し可能なWordPress有料テーマを5つ厳選

 

WordPressテーマのアップロード方法

 

WordPressテーマは、ダッシュボードの「外観」→「テーマ」からインストール可能です。

下記の画面になります。

 

WordPressテーマ アップロード

 

 

 

 

Step5.WordPressの初期設定をしよう

WordPressブログ 初期設定

 

すみません…こちらも準備中です。

1.基本設定

2.プラグインのインストールと設定方法

3.Googleアナリティクスの導入手順

4.Google Search Consoleの設定方法

5.外観設定

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
どうも!池邊友大(ともっち)です!経歴:新卒内定の外資コンサル入社辞退→借金60万円...→1日15時間労働→死ぬ気で月収100万達成!→法人コンサル6社経験→株式会社グロースバリュ代表取締役。 SEO集客・ホワイトボードアニメーション制作のお手伝いをしています!
詳しいプロフィールはこちら