株式会社グロースバリュ代表取締役 | Webマーケティング | SEO集客

フリーランスが安定して稼ぐ為の必須能力7選【9割廃業の厳しい世界】

アバター
WRITER
 
フリーランス 安定
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
どうも!池邊友大(ともっち)です!経歴:新卒内定の外資コンサル入社辞退→借金60万円...→1日15時間労働→死ぬ気で月収100万達成!→法人コンサル6社経験→株式会社グロースバリュ代表取締役。 SEO集客・ホワイトボードアニメーション制作のお手伝いをしています!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

ともっちです。

今日は新卒から2年間フリーランスをやってきた僕が、

フリーランスとして稼ぎ続けるために必要な能力を7つ厳選してみました。

 

動画版もあるので音声を聞き流したい方はこちらもどうぞ!

フリーランスが安定して稼ぐ為の必須能力7選【9割廃業の厳しい世界】

 

僕はこれまで色んなフリーランスに会ってきましたが、フリーの世界はかなり厳しい世界です。

 

同時期に開業した知り合いのフリーランスも7割くらいはサラリーマンに戻っていきました。。

 

中小企業白書が出す統計によると

フリーランスは

開業1年後に約30%が廃業、

3年後に約65%が廃業、

10年後には約88.4%が廃業するそうです。

 

10年生き残ることが出来るフリーランスはたった10人に1人らしいです。

 

なかなか厳しい数字です

 

あえて廃業している人がたくさんいるとはいえ、フリーランスとして食べ続けていく難しさがこの数字に反映されています。

今の所、2年間は最低月収が60〜70万円と、割と余裕を持って稼ぎ続けられていますが、僕も普段からかなり危機感を持ちつつ日々勉強も欠かさないようにしています。

(なにせ一度貧乏を経験しているので。。もうあの頃に戻りたくない。。汗)

 

僕の周りには月100万円以上稼ぐフリーランスがたくさんいるんですが、その人たちは例外なく今から紹介する7つの能力を持ち合わせているなと思います。

 

そんな彼らに共通する秘訣を早速ご紹介します!

1.専門スキル

専門スキル

 当たり前と思われるかもしれませんが「これがあれば食っていける!」という専門スキルを持っていることは超重要です。

 影響力、専門的知識、特殊な経験などなど

人それぞれいろんな武器があると思うのですが、稼いでいる人って結局誰かに価値提供できる専門スキルがあります。

 

例えばインフルエンサーもそうです。

マナブさん」もりゅうけんさん」もプログラミングスキルがありますし、

イケハヤ さん」は文章スキルがあります。

 

SNSでブランディングが上手い人も基本的になんらかの地盤があります。

(他に大手企業出身だったりインスタグラマーだったり)

 

なので、まずは一つ何か専門スキルがないと、フリーランスとしての安定は語れないかな?と思います。

 僕だったら、SEOだったり、ブログだったりとWEBマーケティングを専門分野としています。

 

こういう自分が専門とするスキルがあるとその分野のコンサルティング案件が取れたりすることがあり、それを収入源とすることができるから、今みたくYoutubeなどの新しい事業に取り組むことができています。

 

安定化のためにも、SNS上でのブランディングのためにも、まずは専門性をつけることがすごく重要です。

 

都内在住の場合、「少なくとも月20〜30万円くらいの固定給があれば専門スキルで仕事が入ってくる!」という状態になれば、かなり心は安定すると思います。

 

2.マーケティングスキル

マーケティング 

マーケティングスキルとは売れる仕組みを作ること力のことですが、これは全てのフリーランス・副業をする人に重要だと断言します。

 

マーケターとか、経営者とか何かを売る人だけではなく、マーケティングスキルは全てのフリーランスが学ぶべきスキルです。

安定して案件を取るためにはのはマーケティングができていることが一番手っ取り早いです。

 

「マーケティング」という言葉は一人歩きしてしまって定義があやふやですが、簡単に言ってしまうと

「商品を売るための仕組み」です。

なので「どんな層を集客のターゲットにして、その層にどんなアプローチをするのか?」などの戦略を立てることがとても大事になってきます。

 

 例えば、単価の高い法人から仕事を取りたいんだったら、個人向けの発信をしていては効率がよくないです。

法人からの仕事を取りたいんだったら、「会社がたくさん集まっている商工会議所に行ってみる」とか、「法人が興味を持ちそうなYoutube発信をしてみる」とか、ターゲットに合わせた行動が必要です。

 

こういう風にターゲットに「どうアプローチをして、どんな価値を届けるのか?」という意識が一番大切です。

SNSでブランディングをするのだってマーケティングですし、採用をするのだってマーケティングです。

 

それならどうやってマーケティング学べばいいのか?ということになってくると思うのですが「マーケット感覚を身につけよう」という本がめちゃめちゃオススメです。

 

 

この本の良いところは、

  • 価値とはなんなのか?どうすれば売れるのか?に気付ける。
  • 専門用語がなく内容もわかりやすく具体例が豊富。

なところです。

マーケティング入門者は必読の一冊です。

 

僕自身もこの本を読んでからマーケティングの面白さに気がづきました!

 

3.変化力

変化力 

 

次に大事なのが変化力です。

今は時代の流れが早いなんて言われたりしていますが、それは僕もこの2年間ですごく感じています。

 

例えば、SNSでの集客が当たり前になったりとか。

ブログなどのテキスト媒体からYoutubeなどの動画で情報を集める時代に徐々に移行していったりとか。

ほんの10年前では考えられなかったことが起きています。

 

最近だと、動画編集のニーズが増えたりとかしていますが、あれも5G(高速で通信できるようになる新しい第5世代移動通信システム)が来ると言われている時代の変化によるものです。

個人が稼ぎやすくなっています。

 

逆に、ブログなどの「テキスト系」のニーズとかはちょっとずつ落ちていると言われていて、ブロガーの分野では個人で稼ぐ難易度は上がっているなと思います。

 

こんな感じで、テクノロジーとか、世の中のニーズに対応していけるか?いけないか?で稼ぎやすさが全然違ってきます

 あと、変化力と言えば、得意や不得意を見極めて、仕事を替えたりすることもそうですね。

 仕事の損切りをするとか、チャンスに飛び乗るとか、そういう柔軟性が大事です。

ダーウィンの進化論みたいに新しい環境に適用していくことが必要な時代になってきました。

 なのでフリーランスはさらに変化できるようにインプットを欠かさないとか、ある程度の余白を作っておくことが重要です。

 

特にIT分野では目の前のことに必死になりすぎで、1つビジネスに固執してしまうと、その分野が衰退したときに取り返しのつかないことになります。

 

 僕も基本的に最低1日1時間半くらいは、本読んだりとか、Youtube見てインプットしたりしています。

 

4.コミュニケーション能力

コミュニケーション 

このコミュニケーション話す能力ではないです。

 僕がビジネス上、大事だと感じるコミュ力とは、相手が何をしたいか?を察する能力です。

 

コミュ力がないと、余計な連絡コストが生じる

 何が言いたいのか?わからないとか、

どこまで進んでいるのかわからないとか。

当たり前なことだとは思いますが、フリーランス界隈だとかなりありがちです。

ただ、いわゆる報連相(ほうれんそう)はないと仕事が進まないので、発注側としては最悪です

 

なので、コミュ力がないと、「単価も上がらない」「優秀な仲間もできない」「安定しない」何もいいことがないです。

しかも恐ろしいことに誰もその事を教えてくれません。

発注者側としては教えるよりも、スキルが多少劣っていてもコミュ力ある別の人に仕事を依頼した方が、ストレスは少ないしスムーズだから。

単価の高い案件の場合、希望者が多いので発注者側は選びたい放題です。 

 

よほど、専門性があって、一人だけでゴリゴリ仕事をしている人は別ですが、フリーランスは基本的に人と関わってお仕事をするものなので、やっぱりコミュ力は必要だと思います。

 

5.PDCA力(計画→考える→行動→改善→また計画のできる力)

PDCA力 

PDCAとは計画を考えて、行動し、改善していく能力ですが、これも大事です。

 

というのも、フリーランスって基本的には自分で案件とって、仕事をこなしていかないといけないんですが、PDCA力がないといつまでも単価が上がりません、低単価の案件ばかりこなしていると自由な時間もなくなり精神的にもどんどん辛くなっていきます。

 

計画しないままに、需要のないところへ営業したり、誰にも必要とされない記事を書いてもただの無駄になってしまうこともあります。

特に多いと感じるのは「必要ない分野のスキルを身につけてしまう」ことです。

よく「稼ぎたい」「給料をあげたい」と考えるとまず色々な勉強を始めてしまいがちですが、専門のスキルを1、2つ程度高めるだけでとりあえずはOKです。

あとは必要になったら勉強すればいいのです。

 

これが副業ならまだしも、フリーランスは勉強に時間をさく分、他の仕事ができなくなるということなので、効率の良さがないと時間ばかりなくなってお金を稼げなくなります。

 

忘れてはいけないのは

「勉強する」=「稼げる」ではなく

「集客ができる」=「稼げる」です。

 

なんで、ちょっと月並みな表現にはなってしまいますが、PDCA力は必須です。

 

PDCAの理解を深めたい方には ちょっと難しいけど「鬼速PDCA」という本がオススメです。

¥1,318 (2020/03/31 11:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

6.人間関係構築(人脈)

人間関係構築(人脈) 

人脈って言葉は、ちょっと汚い感じがしてあまり好きなじゃない人がいるかもですが、

なんだかんだ大事な資産です

 

特に、相手に自分の価値を認められており、相手にもそれ相応の力がある場合の良質な人脈があれば、多分食いっぱぐれてしまう可能性はググッと低くなります。

 

仮に仕事が全て消えたとしても、もし「あなた」に「あなたのことを評価してくれている社長さん」が100人いれば、少なくとも1か2つは仕事が簡単に手に入ります。

 

僕もこれまでいただいたお仕事は、半分以上が知り合いからの紹介や、普段お付き合いしている経営者さんからの発注だったりします。

 

こんな感じで安定して稼ぎ続けている人は、意図的なのか、あるいは無意識なのかわかりませんが、しっかりと人脈を作っているなという印象です。

人脈を作るためにはどうしたらいいか

  1. 価値提供できる人間になる
  2. オンラインサロンに入る
  3. TwitterなどのSNSで情報発信をしてファンを作る

 

人脈を作るための知識を得たいという方には「レバレッジ人脈術」という本がおすすめです。

¥1,572 (2020/03/31 07:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

小手先の話ではなく本質的なことが書いてあります。

7.健康管理能力

健康管理 

 

「体が健康でないと何もできない」

一見当たり前なことですが、フリーランスは最悪1歩も家から出なくても生きていけるので体力が落ちていきます。

そして、早く起きることの習慣化がすっかりどこかに言ってしまう人も多いのです。

 

ただ昼過ぎに起きて、運動もせず欲望のままに食事をして、深夜まで起きている。

そんな生活を続けていると、あっという間に心身ともに蝕まれてしまいます。

 

なので、最低でも週2回以上は運動する・起きる時間を固定することがかなり重要です。

僕もジムは欠かさないですし、最近は7時前には起きるようにしています。

しかも朝の段階でタスクがほぼ終わっている状況になるととても気持ちがいいものなんですよ!

 

まとめ:フリーランスが安定するためには?

 

ということで、フリーランスが安定して稼ぎ続けるための必須能力を7つ紹介しました。

 

フリーでやっていくのって、なかなかしんどい側面もあるんですが、逆に今日お話しした7個の能力を持っている人ってほとんどいないと思うんで、これだけできれば、上位10パーセントの稼げるフリーランスになれると思います。

フリーランスを続ける上で少しでも参考になれば嬉しいです 。

 

また、次の記事でお会いしましょう!

ともっちでした

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
どうも!池邊友大(ともっち)です!経歴:新卒内定の外資コンサル入社辞退→借金60万円...→1日15時間労働→死ぬ気で月収100万達成!→法人コンサル6社経験→株式会社グロースバリュ代表取締役。 SEO集客・ホワイトボードアニメーション制作のお手伝いをしています!
詳しいプロフィールはこちら