大学生へ。休学に「明確な理由」なんて『必要ない』よ。

休学

どうもともっち(@gongondai)です!

僕は、2016年度を1年間休学しました。

「休活ブログ」のライターもつとめている、休学支援人です!笑

就活前に突然休学を決めた僕。

その1番の決定要因は、「やらされている感」で働く社会人や、みんなと同じように、まるで決め事のように動く就活生を見たことです。

休学には、就活で語れるようなかっこいい理由が必要だと思っている大学生が多いけれど、そんなことありません。

僕は、休学することに明確な理由は必要ないと思っています。

僕が休学したのはただ現実に嫌気がさして

 

繰り返しになりますが、僕が休学した理由。

それは、現実逃避に近いのです。

就活を進めていく中で、惰性で働く社会人や、イヤイヤ就活しているや大学生を見ました。
周りの友達も就活はするものだと決めつけて、みんななんとなく就活をしていたんです。

でも、僕は、同じようにはできなった。
イヤなことを惰性でやるなんてどうしてもできなかったんです。

先輩に言われた言葉が決め手でした。
「就活が本格的になる前にたくさん遊んでおきなー。社会人になったらストレス溜めるし、全然遊べないよ」って。

僕は、絶望感を覚えました。

ともっち

社会人になったら遊べないのか・・・

このまま、決まり事のようにみんなと就活するなんて絶対無理だ。 

それまでの人生もただレールに乗っかってきただけだったな・・。ワクワクもしない部活やって。そこそこいい大学に入って…..

ちなみに、本当は、社会人になったって遊べます。
それに、それまでの人生楽しいことはいくらでもあったのに、その時は、漠然とした負の感情が浮かびまくってたんですね…..

もちろん「オーストラリアに住んでみたい!」とか、「完全英語環境で働きたい!!」っていうポジティブな気持ちもありました。

でも、ネガティブで”曖昧”な理由しかなかったのも事実です。

はっきり言って、休学することに明確な理由なんてなかったんです。

なんで休学に理由が必要なの?

 

そもそもなんで休学に理由や目的が求められるのか?

それは、あらゆる場で休学理由や目的を聞かれるからです。

例えば就活。

「あなたはなぜ休学したんですか?」「あなたが休学で得たことは?」

就活はこんな具合。とにかく、理由。目的。根拠。

よく先輩や教授は、「それ休学までしてやること?」って言います。

なんか、休学がまるでリスクみたいな物言いですよね?

僕は、理解できないですね。
日本には、ストレートに大学卒業して、名の通った大企業に行くことが安定だと思っている人が多すぎます。
大企業だってつぶれる時代なのに。

一度きりの短い人生、やりたいことをやらない方がリスクです。

あなたは、人が死ぬときに1番後悔することを知っていますか?

それは、「もっと自分らしく生きればよかった」です。

人の目を気にしてやりたいことをやれなかったこと、やらない後悔に人は苦しむようです。

 

だから「やるのみ」

明確な目的や理由ばっかり追い求めていたら動けなくなります。

休学しようか迷っている大学生は、見切り発車で大丈夫です。休学をちょっとでも考えたなら、休学してしまう。

理由なんて後からついて来るから。

点と点はあとでつながる

 

 

スティーブ・ジョブズは言いました。

先を見通して点をつなぐことはできない。あとで、振り返ってつなぐことしかできない。

だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。

ジョブズが言ったように、最初から明確な理由とか目的を無理に立てる必要なんてありません。

点はあとで線として繋がります。

 

休学したいと思っているということは、明確でなくても「何かやりたい」っていうことがあるということ。

そのやりたいこと一つ一つに、将来どこかでつながると信じて、ひたすら没頭してください。

理由なんて後付けで、今を生きろ

何度でも言います。

やりたいことがあるなら、今やってください。
人間、いつ死ぬかわかりません。自分を納得させるために明確な理由を作り出しているようでは遅いんです。

小さな行動を起こせば、理由や目的、自分が何をしたかったかわかってきます。

明確な理由があるならそれでいい。

でも、もし明確な理由がないなら、とりあえずやって、あとで繋げて作っちゃえばいい。

さいごに

あなたが休学を考えているなら、理由は探さないで休学してください。

理由を探しているから動けなくなるから。

今の「やりたい」っていう、直感を信じてください。

応援しています!

ともっち(@gongondai)でした!

休学にリスクはない。迷っているなら即決してほしい。

ともっち

感想・意見・質問は大歓迎です!!
ツイッターでフォローお願いします!→ブロガーともっち(@gongondai