Webコンサル・メディア編集長のパラレルフリーランスが書くブログ

管理人「ともっち」のプロフィール!

【最大の壁】ブログアフィリエイトで月収1〜2万円を達成するには?考え方と方法論

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

 

アフィリエイト収入1〜2万円というのは一つの大きな壁です。

なぜなら、収益が1万円に到達した時点で、急にブログの挫折率が下がるから

 

収益1〜2万円で挫折率が下がるというのは、ブロガー仲間を見ていての僕の主観にすぎません。

しかし、これはかなり正しいと思っています。

 

というのも、「ブログで10000円も稼いだ!私ならこれからもガンガン稼げるんじゃない!?」と思え、まず自信が湧いてきます

 

そして、僕自身、ブログ収益10000〜20000円を達成した頃から、「ああ、アフィリで稼ぐってこういうことなんだな」という感覚を掴みはじめました。

僕の場合は、アフィリエイトのジャンルもよかったため、そのまま収益は伸び続け、今ではアフィ収益が30万を超えています。

 

アフィリエイト「収益1万円→30万円」までは、約5ヶ月とそんなに時間がかかりませんでした

一方、ブログ立ち上げから収益1万円を達成するまでには、7ヶ月もかかっています。

 

月収1万円を達成するためには、まず記事がないことには始まりません。

また、ASPに登録しないといけませんし、記事を上位表示させないといけません。

とにかくやることが多いのと、「稼げるのかなあ…」って不安が募るのが、月収1〜2万円を達成するまでなんですね…

1万円の壁を越えると、違う世界が待っているんですね…

ともっち

 

だから、ブログアフィリエイトで月1〜2万円の壁を超えるというのは最難関&最重要ミッションだと言えます。

本記事では、ブログアフィリエイトで月収1〜2万円を達成ための考え方と方法論をお伝えします。

 

アフィリエイトで月1〜2万円稼ぐための考え方

 

アフィリエイトを始めたばかりの方は、そもそもどうすれば稼ぐことができるのかがわかっていません

アフィリエイトの収益というのは、「単価×個数」で決まります。

これはどんなビジネスでも同じですよね。

「単価×個数」のシュミレーション

1000円の商品ならば、10個売れば10000円

2000円の商品ならば、5個売れば10000円

10000円の商品ならば、1個売れば10000円です。

 

このように、稼ぎたい額から逆算して、「単価×個数」で考えていくのが、アフィリエイトの基本的な考え方です。

「いかにして、単価の高い商品を売るか?」

「どうすれば、販売数を伸ばすことができるのか?」

この2変数を最大化するのがアフィリエイトのポイントです。

 

そして、アフィリエイトで月1〜2万円稼ぐくらいならば、先ほどのシュミレーションのように、そこまで難易度は高くありません。

しかし、闇雲にアフィリエイトをやっていると月1〜2万円すら稼げないわけです。

 

これから説明する「逆算思考」を身につけましょう。

 

アフィリエイトはASP案件からの「逆算思考」で記事を書く

 

アフィリエイトはただ闇雲に記事を書いたり、記事に案件を貼れば稼げるというものではありません

厳密には、ラッキーがたくさん起こって稼ぐことは可能だったりもするのですが、何十万〜何百万と今後継続的に稼いでいきたいのであれば、無計画でアフィリエイトをするべきではないんですね。

 

ほかのビジネスと同じでアフィリエイトにも事業計画的ものが必要です。

「〇万円を稼ぎたい!」

「だからこの案件をこのくらい売らないといけない!」

「そのためにこんな記事が必要」

 

このように、アフィリエイトはまず逆算思考で考えて、その後にようやく手段として記事を書くんです。

記事はあくまで手段です。

 

具体的には以下のようなことをやっていきます。

  1. ジャンルを決める
  2. ASPでアフィリエイト案件を探す
  3. 集客のためのキーワード選定を行う

 

順番に説明していきます。

 

1. ジャンルを決める

 

まず、ジャンルを決める必要があります。

残酷なのですが、アフィリエイトでは参入する市場(ジャンル)を間違えると、永遠に稼ぐことができません

どんなにターゲットやキーワード選定が適切で、かついい記事を書いても稼げないんですね…

 

他の記事にも書きましたが、僕は以前書評ジャンルで消耗していました。

稼げない市場の例として、書評が挙げられます。

僕は、以前、書評記事をたくさん書いていました。で、記事によっては結構読まれたりもしたんです。

しかし、本のアフィリエイト収益は、一冊売れたところで、amazonの数十円。

どんなに工夫して、他の読書サービスを売ったりしても、一個1000円が関の山って感じでした…

引用記事: 注意!ブログ100記事を書いてもPV・収益は増えない!原因と解決策を述べる

 

一方、転職、プログラミングなどのジャンルはかなり稼げます。

というのも、ユーザーが転職サイトを使ったり、プログラミングスクールに無料体験会に参加すれば、一件で10000円発生するのは普通だからです。

 

まずは、どこで戦うかを決めましょう。

 

次に、案件探しを行なって行きましょう!!

ともっち

 

2. ASPでアフィリエイト案件を探す

 

先ほどもお話しましたが、アフィリエイトというのは、「単価×個数」で稼げる額が決まります

で、この「単価×個数」はアフィリエイトの案件次第なんですね。

そして、ご存知の方もいるとは思うのですが、アフィリエイトの案件はASPで探すことが可能です。

 

※あなたのジャンル選びが適切だったか確かめる意味でも、ASPで案件をくまなく探しましょう。

案件を見ていて高単価商品が多く、かつ商品数が多ければ完璧です。

 

案件探しで注意したいのは、できるだけ高額の案件を選ぶということ。

10000円のアフィリエイト報酬を得るのに、1000円の商品ならば、10個も売らないいけません。

一方、10000円の商品ならば、1個だけ売れば目標達成です。

 

以下、僕が一押ししているもしもアフィリエイトで、「プログラミング」案件を検索した時の商品です。

プログラミングスクールの紹介案件の単価がどれだけ高いかわかるはずです。

商品単価が1万円を超えており、かつ22件と商品数も多いですね!

 

 

 

アフィリエイトで月1〜2万円稼ぐくらいならば、1000円の商品を10個売るという感じでもいいのですが、あなたはもっと稼ぎたいはず。

アフィリエイトをビジネスと捉えて、長期的に稼いでいきたいならば、高単価商品も売っていきましょう

 

僕は低単価商品3割・高単価商品7割って感じで売っています!

ともっち

 

案件は、【全登録必須】アフィリエイト初心者におすすめの人気ASP7つで紹介しているASPで探しましょう。

おすすめASPについては本記事最後で再度紹介します。

 

3. 集客のためのキーワード選定を行う

 

稼げるジャンル・商品が決まった後にようやく「記事作成」というステップに移行します

 

記事作成で重要なのは、「検索キーワード」の設定ですね

 

この「検索キーワード」は、ユーザーの悩み解決に直結するべきです。

「あなたが選んだ商品を欲しい人はどんなことに悩んでいるか?」

「あなたが選んだ商品を欲しい人はどんな未来が欲しいのか?」

これらを考えて、キーワードに落とし込みましょう。

 

また、キーワードは、購買意欲が高いユーザーに向けて、設定する必要があります

購買意欲が高い人ユーザーとして、例を2つ上げます。

  • 買うと決めていて、商品を比較している人
  • 悩みが深い人

 

キーワードに落とし込むと、「〇〇 おすすめ」「〇〇 比較」、

「〇〇 直し方」「〇〇 つらい」などですね。

 

キーワードが決まったら、案件から逆算して記事を書くわけです。

アフィリエイトは、「案件→キーワード→記事」というようにとにかく逆算思考だということを覚えておきましょう

 

アフィリエイトを始めたばかりの方は、とにかくたくさん記事を書こうとしますが、ただ作業をこないしていても稼ぐことはできません。

 

ジャンルの選び方・案件の選び方・キーワードの選び方の詳細は以下のnoteに書いてあります。

ブログに慣れてきたけど、アフィリエイトで全然稼ぐことができないという方にはうってつけのマニュアルです。

製作者の僕自身もたまに見直すくらいのnoteでして、圧倒的にコスパがいいnoteだと断言できます

参考note→【PV単価19円】たった12,000PVでアフィリ収益23万を達成した僕が語る低PVでも高収益を狙う方法

 

ブログアフィリエイトで稼ぐに「PV」は必須ではない

 

僕の有料noteにも書いてありますが、アフィリエイトで稼ぐためにたくさんの「PV」は必須ではありません。

もちろん、「PV」があるに越したことはありませんが、PVがあれば稼げるってものではないんですね。

 

極端な例ですが、あなたが1記事でも月に10000円稼げる記事をもっていたら、その記事がたとえ月間10PVだったとしても、月収10000円が可能になるんです。

月間10PVでも月収10000円は可能になり得ます

逆に、月間50000PVあっても、収益記事がなければ月収10000円未満は十分ありえます

 

先ほども説明したように、アフィリエイトというのは「単価×個数」という大原則を理解し、稼ぐためのジャンル・案件選び、キーワード選定という基礎があって稼げるものです。

 

アフィリエイトで月1〜2万円稼ぐくらいならば、その敷居も低いです。

案件選び・キーワード選定が上手くいけば、たった1記事で達成可能ですからね!

 

一度でも、本記事で紹介したロジック通りに稼ぐことができれば、それはとても再現性の高い「ノウハウ」となり、今後1万→5万→10万→30万と稼ぐことが可能となっていくでしょう

 

アフィリエイト月収1〜2万円の壁を越えるための参考情報

 

最後にアフィリエイトで月収1〜2万円の壁を越えるための参考情報・お役立ち情報を載せておきます。

 

 7つのASPに登録しておく

 

先ほどもASPで案件を探すことが大事だって話をしましたが、下記のASPは全て登録しておきましょう。

 

 

参考記事のアフィリエイト初心者におすすめの人気ASP7つ』には、下記の情報などASPに関する詳細が書かれています。

ぜひ参考にしてみてください(↑)

  • ASP毎のメインジャンル
  • 審査の通りやすさ
  • 最低振込日、振込手数料、最低振込額

 

アフィリエイト初級者におすすめの本4選

 

僕はアフィリエイトでここまで稼げるようになるまでに、何十冊と本を読んできました。

その中でも以下の4冊に関しては、内容がとても充実しており、アフィリエイト初心者に最適です。2の沈黙のWebライティングに関しては、ブログで成果を挙げている人はほぼ全員読んでいるんじゃないか?ってほど。

本の名前 どんな本?
1.世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生 アフィリエイトを一から学ぶための本
2.沈黙のWebライティング ユーザーに気持ちよく文章を読んでもらうための心構えがわかる本
3.人を操る禁断の文章術 セールスライティングの入門書
4.アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則 稼ぐためのキーワード選定がわかる本

レベル的には、1〜4にかけて上がるイメージですね。

内容については、下記の記事に詳しく書いています。

詳細記事【初中級者向け】アフィリエイトにオススメの本7選【月収20万を達成してみて】

 

WordPress有料テーマに身銭を切るのはあり

 

まだブログのデザインがダサいあなた。

本気でアフィリエイトをでやっていきたいならば、WordPressテーマでブログのデザインを整え、モチベーションを上げることは収益増加に直結します

 

有料テーマに投資すれば、「もう引き返せない。稼ぐしかない!」という状況になるからです。

 

僕も身銭を切って、アフィリエイトで稼ぐことに徹底コミットしました!

ともっち

 

参考記事アフィリエイトで稼ぐなら!おすすめWordPress有料テーマ5選【SEO最強・サイト量産可能】

 

アフィリエイトで月収1〜2万円を達成するためのまとめ

 

冒頭では、アフィリエイトを始めたばかりの方は、そもそもどうすれば稼ぐことができるのかがわかっていないという話をしました。

しかし、今のあなたなら稼ぐためのイメージができているはずです。

 

アフィリエイトの収益は「単価×個数」で成り立っている上で、以下の手順で逆算して、記事を書いていく必要があるのです。

  1. ジャンルを決める
  2. ASPでアフィリエイト案件を探す
  3. 集客のためのキーワード選定を行う

 

アフィリエイトで月収1〜2万円は一つの大きな壁

しかし、ここを越えれば、あなたは今後も挫折にせず、稼いでいくことができるでしょう

 

応援しています!ともっち(@gongondaiでした!

参考note→【PV単価19円】たった12,000PVでアフィリ収益23万を達成した僕が語る低PVでも高収益を狙う方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ともっちofficial blog , 2018 All Rights Reserved.