Webコンサル・メディア編集長のパラレルフリーランスが書くブログ

管理人「ともっち」のプロフィール!

エンジニア転職にオススメの「Dive into code」の無料体験会の感想

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

プログラミングを爆速勉強中のともっち(@gongondaiです。

先日、プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」の無料体験会に行ってきました。

 

「Dive into code」は、渋谷駅から徒歩6分ほどの通学制スクールで、平日はサラリーマンをしていて、エンジニアとしての転職したいという方に特にオススメです。

 

オンラインとスクールでの授業の両方で成り立つので、首都圏住みの方限定のスクールです!

ともっち

本記事では、僕が無料体験会に実際に行ってわかった以下のことを書いておきます。

  • 「Dive into code」の特徴
  • 無料体験会でできること・感想
  • オススメできる人・オススメできない人

 

プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」の特徴

 

DIVE INTO CODE」の特徴は、転職や就職にオススメのプログラミングスクールで、8割の生徒さんが平日会社で働くサラリーマンです。

そのため、土日に通学するという方がとても多い印象です。

 

「DIVE INTO CODE」の主な情報

受講形式 オンライン事前学習・オフライン集団クラス
アクセス 渋谷駅徒歩8分
費用(月) 学割有り99,800 (1ヶ月)、167,000 (2ヶ月)、218,000 (3ヶ月)
初期費用 なし
学割 有り(上記価格:社会人の半分程度)
無料体験会 渋谷での説明会(40分〜1時間程度)
コース 即戦力コース/Expert AI Course/
就職サポート あり(卒業後のサポート・インターン先の紹介)
言語 HTML・CSS・JAVAscript・Ruby on rails
受講可能時間 11~22時
講師 経験豊富なメンター制度
教材 独自教材
特筆点 1ヶ月でWebサイトを作れるようになる

 

「DIVE INTO CODE」のコースと料金・カリキュラム

 

Webエンジニアコース

「Webエンジニアコース(就業達成プログラム)」では、最短の期間で確実にプロのスタートラインに立てる人材の育成を目的としており、4ヶ月間フルタイムまたは、10ヶ月間平日夜と土日で学ぶパートタイムのいずれかの学習形態を選べます。

 

機械学習エンジニアコース

 

「機械学習エンジニアコース」は、4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的としており、ただ知識を学ぶのではなく、実務から逆算した本当に必要なスキルを学びます。

 

 

DIVE INTO CODEの無料体験会(説明会)に参加してみて

 

プログラミング初心者の僕が「DIVE INTO CODE」の無料説明会に参加した理由は、サーバーサイドの言語がどういうものか興味があったからです。

現在、僕はスタートアップで働いていて、社内にはITに強い人材がいないということもあり、僕自身が社内のシステムとかを構築できたらなあと考えていました。

 

僕が説明会で相談した内容

 

Q1.フロントエンド(Webデザイン)などは学べるのですか?

A.学習の2割がフロントエンド、8割がサーバーサイドっていう感じです。

 

Q2.フリーランスエンジニアになられる方って多いですか?

A.少ないです。多くの卒業生が未経験から学習を開始し、エンジニアとして就職しています。

 

「DIVE INTO CODE」の全体的な感想

 

「DIVE INTO CODE」の僕の印象としては、めちゃめちゃ丁寧なサポート・授業で、生徒さんに転職・就職などの結果を出させる努力をしているという点です。

首都圏に住んでいて、ゼロからエンジニア就職を目指すならもってこいのスクールだと言えます。

 

ただ、僕には、あまり適していないかあと感じました。

というのも、あまり僕の学習目的には合っていなかったからです。

 

「DIVE INTO CODE」への入学をオススメできる人

 

「DIVE INTO CODE」への入学をオススメできる人はズバリ、現役サラリーマンもしくはフリーターで、IT企業にエンジニアとして転職を考えている人です。

エンジニアの就業実績は、大手IT企業を含めて豊富です。

 

逆に、「DIVE INTO CODE」への入学をオススメしない人は、あまり就職への意欲がない方や、Webデザインなどのフロントエンドを学びたい方、渋谷まで通学できない方(月2くらい)です。

 

僕の場合は、フロントエンドをがっつり学びたいので、「DIVE INTO CODE」よりも侍エンジニア塾CodeCampに興味があります!

ともっち

侍エンジニア塾CodeCampも無料レッスンを開講しているので、合わせて受けてみましょう!

 

まずは「DIVE INTO CODE」の無料体験会に参加してみよう

 

「DIVE INTO CODE」の無料体験会では、レッスンを受けられるだけではなく、あなたの今後のプログラミング学習についても相談することができます。

首都圏に住んでいる方は、渋谷まで足を運び、まずは無料体験会に参加してみるといいです!!

 

 

 

今回は、転職を目指すサーバーサイド側のプログラミングスクールの紹介でしたが、デザインなどフロントサイド側のプログラミングを学習したい方は、侍エンジニア塾CodeCamp」の無料体験レッスンも受けてみましょう!

オンラインで受けることができます!

参考記事【特典・割引付き】初心者が侍エンジニアの無料体験レッスンを受けた感想

参考記事【無料体験レッスン感想】CodeCampはプログラミング初心者に超オススメの完全オンラインスクール

 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ともっちofficial blog , 2018 All Rights Reserved.