20代の生き方・働き方から常識を撤廃する

管理人「ともっち」のプロフィール!

仕事の生産性を上げたいなら少食を始めるべき理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら

どうもともっち(@gongondai)です!

僕の大学の専攻はスポーツ科学。

ということで、食事に関しては、多少学んでいますし、僕自身も気を使っています。

しかし、脳を最大限に働かせ、仕事のパフォーマンスを向上させるための効果的な食生活については、今まであまり考えてきませんでした。

そこで、先日、『超一流は無駄に食べない──「少食」×「空腹」で活力がよみがえる!』とう本を手に取りました。

仕事のできる人は少食なんですね。

少食にはどんなメリットがあるのでしょうか?

少食のメリット

本書には、少食のメリットとして次の項目が挙げられています。

  • 食べるからおなかがすく、食べなければおなかはすかない
  • 食べると体力が消耗し、食べないと体力が高まる。
  • 一日一食だけ、制限を設けずに食事を満喫する。
  • 好きなものを食べても太らない
  • 仕事の効率が3倍以上になる
  • 一日一食なら年寄りにならない

メリットこんなにあるのか!なら、少食にするしかねえじゃん!

ともっち

ということで、食べるのが大好きな僕ですが、無理のない少食を2週間ほど続けてみました。朝・昼・晩の食事を変えたことによって、体調、脳の働きに大きな効果が出ました。ぜひチェックしてみてください。

朝食は、バナナ一本

 

本には、1日1食と書かれていましたが、僕は厳密なルールは設けずに量と質だけ意識しました!

 

まずは、朝食。シンプルにバナナだけ。

最初の頃は、バナナを食べて3〜4時間でお腹が痛くなるくらい空腹を感じたんですが、2週間経った今では、むしろ、空腹が心地いいくらいです。人間は簡単に慣れるんですね。

効果としては、バナナ一本に変えてから、朝食後の眠気が消えました。

ご飯をたくさん食べると眠くなる、だるくなるという経験をされた方は多いのではないかと思います。

あのだるさや眠気は、食べることで、消化のために血液が胃腸に集まり、脳や手足へめぐる血液が少なくなることで発生するそうです。

つまり、少食にすれば、脳に血が回り、仕事や勉強への集中力が高まるんですね。

あなたも、栄養豊富なバナナ一本だけにしてみてください!

脳が一番フレッシュな朝の時間に集中でき、生産性がアップします。

昼食では、白米をやめた!

 

僕は、ランチに定食を食べることが多かったです。なんとなくパワーがつくと思ってました。

でも、実際は違った。昼飯後は、いつも眠くなって、1時間くらいはボーッとしていましたね。

そこで、少食の出番なのです。

といっても、僕の場合、昼食を抜くのは逆に悪影響があると思ったんで、白米を抜くことから始めました。なぜなら、白米は血糖値を乱降下させるから。GI値が高いからですね。

GI値が高いと、血糖値が急上昇急降下して、頭がボーッとしやすくなるんです。

後は、単純にご飯は重い笑。物理的に重いんです。だから、「重い、腹一杯で気持ちわりー」みたいなものは基本的に避けます。

代わりに食べたのは、そば小盛とか。

昼食を減らしてからは、一気に午後の作業が捗るようになりました。

また、昼食の量によらず、数時間後の空腹感はあまり変わらないってことがわかりましたね。たくさん食べたところで、脳力が落ちるし、どうせお腹が減るわで、食べ損です笑。

こだわった点は、以下の通りです。

ポイント
  • 好きなもの
  • 低GI食品(血糖値を上げづらい食品)
  • 油っぽくないもの
  • 物理的に重くないもの 

ディナーは制限なし

 

朝食、昼食は、合わせても以前の4割くらいに抑えていたと思います。

だから、本にも書いてありましたが、ディナーは普段通り、食べたいものを食べたいでもオッケー。

友達や同僚とご飯行くってのは重要な時間だと思います。そんな時に、食べないとか言ってても、楽しい時間が勿体無いですよね。

ただ、僕の場合、少食を続けていたため、体がたくさんの食事量を求めていませんでした。自然と量もコントロールでき、食べた後、絶妙な満腹感(腹6〜7分目)で体調もかなりいいです。

きっと少食を続けたメリットでしょうね。

少食を続けてみて

少食を続けてみて大切だなーと思ったことをあげておきます。

それは、欲望のままに食べるのではなくて、自分の体が本当に必要としているもの、量を食べること。

少食を少し続けていれば、わかって来ます。これは「本当の空腹感ではないな〜」とか。直感が磨かれてきますね。

僕の場合、少食のおかげで自分の体調がコントロールできていると思いますし、 1食1食がとても美味しいです。

昼食後の集中力、生産性なんかは以前の5倍くらいになったのではないかと思っています笑。もちろんダイエットにも効果的ですよ。僕の場合は、2週間で1.7キロくらい落ちました。

ただ、個人差はあると思うので無理のない範囲で、トライするのがいいと思います。体調を良くするために少食に変えるのに、体調を崩しては本末転倒ですからね。

少しずつ食事量を減らすのもいいかもしれません。

まとめ

少食を始めると下記の4つのメリットがあります。

  • 眠気が消える
  • 集中力が上がる
  • 生産性が上がる
  • 痩せる

 

本を読んで、少食にはメリットがあると、科学的な根拠をもとに知ってから、 少食ライフを初めて欲しいと思います。

ともっち(@gongondai)でした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生最適化ブログ , 2017 All Rights Reserved.