20代の生き方・働き方から常識を撤廃する

管理人「ともっち」のプロフィール!

僕は原付で警察に捕まった。でも、警察を好きになってしまったんだ。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、ブロガーになった23歳。 現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務める。このブログでは、個人で稼ぐ方法・人生を最適化するためのサービス・考えを発信中。
詳しいプロフィールはこちら

どうもともっち@gongondaiです!

今日(2017年12月12日)はつらい日でした。

ツラかったのは3つ。

  • 路面凍結で原付きでコケる(手から血が..)
  • スーパーで買った惣菜の液体(肉汁)がカバンの中でぶちまけられていた。臭い…..
  • 原付を運転してて警察に捕まる

今まで、惣菜を入れるのに使うポリ袋が破れたことなんてなかった。
また、警察に捕まったこともありません。

まったく、なんて日だよ。

特に、警察に捕まってのはついてなかった…..

この世界には2種類の人間がいる

いきなりですが、この世界には2種類の人間がいます。

それは、以下の2タイプ。

人間2タイプ

1. 黄色信号で止まる人間

2. 黄色信号で止まらない人間

お察しのように、僕は後者。

僕は、黄色信号で止まるという選択肢は全くないタイプの人間。

ちなみになんですが、車の運転の仕方は、その人の人間性を表すと言われているそうです笑。

黄色信号で止まれない人ってなんかやばそうですけどね・・・

警察に捕まる

お話したように僕は、黄色信号で止まれない人間なんです。今回、捕まったのも黄色信号で止まれなかったから。

正直にお話しすると、今回は黄色ではなかった。赤でした笑

「いや、笑ってんじゃねーよ。犯罪だよっ」て感じですよね。わかってます。自分が一番わかってます。僕は悪いことしたんです。

でも、言い訳させてください。いつも通り、黄色を迷わず突破しようとしたら、その信号が信じられないくらい速いタイミングで赤に変わったんです。

まっ、意味をなさない言い訳はこれくらいにしましょう。

結局、僕は警察に捕まりました。

赤信号を通り抜けた時に、パトカーのお巡りさんと目が合うほど明らかでしたね。

「ピーポーパーポー」鳴らされたりとか、「そこのお前止まれや!!」とか嫌だったので、自分で速度落として止まりました笑「すごいでしょ?笑」止められる前に自分で止まったんです。

お巡りさんはデカくて怖かった

 

おまわりさんは、怖かった。そして、デカかった。

多分187センチくらい。

マジで、怖かったです。お巡りさんは、僕の目を見て、こう言いました。

お兄さんさ、自分が危ないことしたって自覚はあるんだよね?僕の方の信号青になりかけだったよ。

お巡りさん

信号がすごい速さで赤になったんで止まれなくて…..いや、僕が完全に悪いです。もしかしたら、接触事故とかあったかもしれないのに。おっしゃる通りです。

ともっち

 

言い訳方面に行きそうでしたが、正直モードに切り替えました。

話している途中に思い出したからです。

「警察官には、止まろうとしているようには見えなかったはず。
誤魔化してもなんの意味もないな」って。

 

そうだよね。自分だけの問題じゃなくて、歩行者はねてたら大変なことになってたよ。

お巡りさん

警察官の正論が続きます。

自分のやったことと、23にもなって怒られていることの恥ずかしさに落ちこみました。

また、

何点減点されるんだ?
いや、これは免停か?
ん?会社の内定取り消しなんてことあるかも….??うわやべえ….

ともっち

そんなこと考えて絶望的になっていました。

大どんでん返し

論理的に正しく、落ち着いた口調の「完璧な説教」が3分くらい続きました。

そして、お待ちかねの一言。

免許証出して

お巡りさん

ひえ〜〜。免停か?何万取られるんだ?(内心)

ともっち

恐れおののきながら、「免許証」を出しました。

何やらメモを取ってましたね。

僕の名前をメモっているようでした。

 

そして、お巡りさんが最後に言った一言がこれ。

今回は厳重注意ということにしておくから、命を無駄にするようなことは今後しないようにね。
寒いし、気をつけて帰りな。

お巡りさん

 

「え?」

特に減点とかは無し。拍子抜けです。

厳重注意だけで済んだ上に、暖かい言葉をかけてくれました。

説教の中身も、「親が悲しむよ」とか、「人死なせちゃったら、悪気がなくても殺人になっちゃうよ」って。

落ち着いた口調で愛のある説教でした。

嫌いだった「警察」を好きになる

僕は、今まで警察をどういうわけか嫌っていました。

でも、今回の件で好感を持つことができました。

減点などなく見逃してくれたのもありますが、「社会から罪とか不幸な人を減らしたい!」という想いが伝わってきたという部分が大きいです。

僕はもう2度と危ない運転はしません。捕まりたくないし、側から見てても本当に危ないってわかったから。また、多くの警察官が「社会をよくしたい!」っていう使命を持っているって実感できました。

冒頭で述べたように、今日(2017年12月12日)は、原付で転倒して、惣菜をカバン中でぶちまけた。
その上、警察に捕まるっていう散々な1日でした。

でも、自分の運転を見直すことができ、警察官の使命感を感じられた、悪いとは言い切れない日だったかもしれないです。

あの時の警察官ありがとう!!

ともっち(@gongondai)でした!

【失恋】フィリピーナの好意を感じ、デート・告白をした僕はフィリピン人女性の恋愛観を痛感することに

感想・意見・質問は大歓迎!!

ツイッターでブログ更新情報流してます!ブロガーともっち(@gongondai

ともっち

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、ブロガーになった23歳。 現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務める。このブログでは、個人で稼ぐ方法・人生を最適化するためのサービス・考えを発信中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生最適化ブログ , 2017 All Rights Reserved.