Webコンサル・メディア編集長のパラレルフリーランスが書くブログ

管理人「ともっち」のプロフィール!

「暇人」にはデブが多い。時間を持て余すと太る理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、今めちゃめちゃ忙しいともっち(@gongondai)です!

これは僕のイメージなのですが、忙しいビジネスパーソンに太っている人って少ないですよね!?

特に、時間管理がしっかりした、できるビジネスパーソンは体型もビシッと決まっています。

さて、本記事では「時間」「太る」という二つの単語がキーワード。

「暇な人」が「忙しい人」よりも太りやすいのはなぜか?

「太る」「時間」が密接に関係しているということをあなたにお伝えします!

「時間への意識」の差

「暇な人」が「忙しい人」よりも太りやすいたった一つの理由。それは、「時間への意識」です。

暇な人は、「やらなくてはいけないこと」がなくて、時間を作り出す必要がない。一方、忙しい人は、「時間を作り出さなくてはいけない」。

時間への意識が高いか、高くないか。

この差が「太る」「太らない」を生み出すんです。

暇な人はよく食べる

 

暇な人は、やることがなくて時間をもてあましています。

そして、暇な人は、よく食べます。

なぜか?

それは、実は、暇な人がストレスを抱えているからなんです。暇自体がストレスの要因になっているということです。

暇な人は、その退屈な状況に嫌気がさしているんですね。

なぜなら、人間は目的志向の生き物だから。どんなクズ野郎だって、人間は向上心を持っています。向上心がない個体は生き残ってこれませんでしたから。

そのため、暇な人は、その退屈というストレスを食べることによって解消します。「食べる」など、何かしなければ落ち着かないから。

暇がストレスだから食べるしかない。暇な人が太る原因はこれです。

忙しい人は食事で時間をロスしない

 

繰り返しになりますが、忙しい人は、「時間を作り出さなくてはいけない」。

だから、たくさん食べてエネルギーを消耗するわけにはいかないんです。「腹一杯〜〜。眠い〜。仕事できない」とか言ってる場合ではないのです。いっぱい食べて満腹になっているようでは仕事が終わりませんから。たくさん食べることで、生産性が落ちるんです。

「忙しい人」は、アクティブに過ごす時間を確保するために、過度に食べない。

「忙しい人」の時間への意識の高さ。これが、「暇な人」よりも太りづらい原因です。

食が仕事の生産性を大きく変える。これを、自覚するだけでも生活は大きく変わりますね。

以下の記事も読んでみてください↓

仕事の生産性を上げたいなら少食を始めるべき理由

感想・意見・質問は大歓迎です。ツイッターでフォローお願いします!→ブロガーともっち(@gongondai

ともっち

フォローはこちら
TwitterFeedlyFacebook

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ともっちofficial blog , 2017 All Rights Reserved.