LINEでお役立ち情報を発信中

大学生の就活やスキル習得を支援するブログ

就活失敗の末路は絶望的?→「内定がもらえない」は即解決可能ですよ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは。

元就活生18卒のともっちです。

 

就活で「一社からも内定がもらえなかった」あなた

「自分には存在意義がないんだ…」と人生に絶望していませんか?

「このままだと就職浪人だ…」と諦めていませんか?

 

もし、このように考えているなら大間違い。

断言しますが、売り手市場の現在、あなたを求めてくれている優良企業はたくさんあります

そして、あなたが、まだそういう企業に巡り会えていないならば、単純にその方法を知らないだけです。

 

本記事では、たくさんの後輩の就活指導をしてきた僕が、絶望状態にあるあなたがやるべきことを指南します

今から、失敗する就活生の末路を語りながら、エージェントを使って今すぐにでも優良企業から最短1〜2週間で内定をもらう方法を解説しますね。

 

以下、本記事で紹介する使用必須の就職エージェント3選です。

↓登録必須の内定獲得サービス↓

  1. 最短即日内定可能イベント
    →『MeetsCompany20卒
  2. 即日内定率50%超えのエージェント
    →『ジョブコミット』(20卒
  3. 既卒生も使うことができる
    DYM就職』(2019卒・20卒

 

※なお、まだ就職活動を始めていない大学生は、以下の記事で紹介しているサイトに登録してみてください。早期内定の確率がグッと上がります。

参考記事【早期内定可能】今すぐ内定が欲しいなら登録必須の就活サイト5選

 

就活で全落ちしてしまった学生の確率は?【意外と絶望不要な件】

 

周りが内定をもらっていく中で、まだ就活を続けているあなたは疑問に思うことでしょう。

「まだ内定がゼロの就活生はどれくらいの割合なのか?」と。

 

2019卒のデータを見たらわかりますが、就活のピーク6月15日で内定率は68.1%。

つまり、2019卒全体の31.9%、就活生の3人に1人は内定をもらうことができていません。

就職活動内定率の変化

引用:就職みらい研究所より

 

しかし、卒業間近の3月を見ると、96.7%が内定をもらっています

つまり、売り手市場の現在、企業の採用ニーズは卒業間近までめちゃくちゃあるんです!

 

下記記事にも書きましたが、「内定がもらえないまま卒業…」ということはまずないでしょう。

内定が決まらない理由を抑え、エージェントなどを適切に利用すれば、必ずある程度納得のいく内定をもらうことは可能です。

参考記事就活が決まらない3つの原因と解決策とは?内定ゼロの君へ

 

でも、全体の3.3%ほどは内定がもらえないまま卒業を迎えるんですよね…..

就活で全落ちしていく学生の末路(その後)とはどんなものなのでしょう?

 

就活に失敗した学生の末路(その後)とは?

 

就活に失敗した学生の末路(その後)としてどんな進路があるのでしょうか?

僕は経験上、大きく3つに別れると思っています。

 

1. 就職浪人・既卒就活

 

大学を卒業してから、既卒として、就活するというパターンですね。

これはそこまで悪い手段ではないと思っています。

今の時代、売り手市場だということもあり、既卒だろうが、第二新卒だろうがいい職にありつくことは可能だからです。

 

しかし、卒業までに就職を決めた方がいいのは明らかな事実

心も楽ですし、何よりも「稼げていない時期」は圧倒的に短くなります。

 

2. あえて留年を選んで再就活

 

「既卒になると不利になる気がする…だったら、留年した方がマシ!来年もう一回就活だ!」

って感じで、あえて留年を選ぶ学生も多いです。

 

しかしこれでは、学費も時間ももったいないです。

なぜ、学ぶことがないのに、もう一年大学にいなければならないんですか

 

また、もう一年遅らせたところで、就活の成功率なんて大きく変わりはしません

年度を遅らせること意味はない。

あなたが変わらないと意味がないんです!

あなたが変わるための方法は後で解説します

 

3. 不本意な大学院進学

 

また、不本意な大学院進学も増えています。

もちろん、「大学院に進学したい!」という強い想いがあるのであればいいと思います。

 

しかし、渋々大学院に進学するというのは本当にやめたほうがいいと思っています。

※あくまで僕の個人的な意見では有りますが…

 

だって、大学院はそれなりにきついですからね。

英語の論文をたくさん読み込まなければならないし、研究発表が何度もあったりします。

生半可な覚悟では挫折するのが落ちです。

 

結論:やはり、在学中に内定をもらいたい

 

留年を選んだり、就職浪人を選んだり、大学院進学を選んだり…って、やはり不本意ですよね。

あまり、メリットのある選択肢ではありません。

 

やはり、一度は就職を決めたあなたなら、なんとしても在学中に就活を成功させるべきです。

そして、今からだって十分逆転は可能です

「既卒でいいや…大学院でいいや…」とか言い訳せずに最後までやりきりましょう!

というか、そっちの方が絶対成功確率が高いですからね!

 

では、どうすればいいのか?

ここからは、あなたが最速で内定をもらう方法を解説していきます

 

行動回数を増やせば、絶対内定は出る【逆転は可能】

 

就活に限らないのですが、行動が増えれば、成功回数は確実に上がります

「成功数=行動回数 × 成功確率」という公式をよく聞くと思うのですが、この行動回数と成功確率は相乗効果的に増えていくものです

 

就活における公式だと、「内定数=面接社数 ×(最終 )面接突破率」ということになるでしょうか。

だいぶザックリではありますが、面接の回数が増えれば、面接に慣れて面接突破率は上がってくるものです。

なので、まずは回数を増やしましょう。

 

しかし、むやみにやたらと面接回数を増やしていても上手くはいきません。

もし、「数打ち作戦」であなたの就活が上手くいっているのであれば、この記事をここまで読んではいませんからね

また、受ける企業がどこでもいいわけではありません。しっかりとした優良企業に入りたいですよね?

 

では、どうすればいいのか?

あなたが希望するような優良企業を効率よく受けていくにはどうすればいいのか?

 

僕がオススメするのは、就活エージェントの活用です。

しかも、ただエージェントを使うのではなくて、サポートのしっかりとした優良エージェントを使うことです。

 

「内定がもらえない…」を解消する就活エージェント3選

 

先ほど「内定数=面接社数 ×(最終 )面接突破率」という公式をあげましたが、これからオススメする就活エージェントを使えば、この両方の数字を上げることができます。

 

面接社数は、あなたが希望する条件に合ったような「優良企業」を紹介してもらえることによって増えます。

また、面接突破率は、就活のプロが徹底的に面接対策をしてくれることによって、飛躍的に向上するからです。

 

僕がオススメするのは下記3つのエージェントです。

↓登録必須の内定獲得サービス↓

  1. 最短即日内定可能イベント
    →『MeetsCompany20卒
  2. 即日内定率50%超えのエージェント
    →『ジョブコミット』(20卒
  3. 既卒生も使うことができる
    DYM就職』(2019卒・20卒

 

全ての就活エージェントを利用するくらいのスピードで行動した方が、内定獲得スピードは2倍になるし、その分あなたに合った優良企業とのマッチング数も上がるからです。

すぐに内定をゲットしたいならば、今すぐ登録して、カウンセリングを受けに行ってください!

ともっち

 

1. 即日内定イベントMeetsCompany【2020卒】

meets company

 

MeetsCompany』は就活生の3人に1人が使うサービス。

エージェントというよりかは、即日で面接を一気にうけることのできる合同説明会ですね。

 

Meets companyは、東京、大阪、名古屋、福岡、北海道等など全国で採用イベントが開催されています。

また、東証一部の大手企業からベンチャー企業までなんと2000社以上を紹介してくれているので、優良企業とマッチしやすいです。

 

イベントに参加すれば、就職のプロが就職の相談にのって、ESの添削・面接対策等をマンツーマンでサポートしてくれるます!

イベントはほぼ毎日のように開催されているので、すぐにでも予約して、足を運んでみてください!

 

明日にでも参加しましょう!

ともっち

 

登録画面ですぐに日時を指定することができるので、内定獲得も早まります!

予約フォームは下記(↓)のような画面で、たった1〜2分で登録が終わるようになっています

Meets company 日程

 

どんどん日程が埋まっているので、今すぐ予約を確定しましょう!

たった1〜2分で登録が終わりますMeetsCompany

 

 

詳細記事就活全滅で持ち駒がゼロなら即日内定可能のMeets companyがおすすめ

 

2.即日内定率が50%を超える「ジョブコミット」

ジョブコミット

ジョブコミットは、なんとイベント参加当日の内定率が50%を超えるイベントです

「就活相談に本記事で向き合ってくれる会社ランキング」1位にも選ばれており、学生満足度も97%と圧倒的です

 

また、仮に即日内定がもらえなくても、後日、ジョブコミットのスタッフさんが面談で、あなたの希望や適正に合う企業を紹介してくれ、ジョブコミット利用者の内定取得率はなんと95%を超えています。

 

なお、ここまでジョブコミットの数字が言い流は、イベント内に多数のコンテンツがあるから。

Step1.まず、イベントに申し込むと、内定獲得ノウハウ講座を受けることができます。

Step2.続いて、グループに別れて、企業の話を聞くことができます。

Step3.企業に質疑応答したり、アピールすることができます。

Step4.最後にグループワークを行います。

 

4時間の中で、ここまでやり企業とあなたの希望がマッチすれば、即日内定獲得or後日面接となるのです。

ジョブコミットは東京都千代田区で開催されるので、関東の学生はぜひ利用してみてください!

※なお、関東圏外に住んでいる方は、MeetsCompanyを利用した方がいいでしょう。

 

申し込みは、リンク先ジョブコミットのページ下部から行えます。

↓人気ですぐに枠が埋まるので、早めに申し込みましょう↓

ジョブコミット

 

 

3. 既卒就活に強い「DYM就職」(2019卒・20卒用)

DYM就職

 

続いて、就職エージェントの中でものサポート力で群を抜いている『DYM就職』。

面接中の自己アピールの仕方、志望動機の伝え方など学び、優良企業の面接突破率を極限まで上げることができます。

DYM就職』は、第二新卒・既卒の就職に強みがあるのですが、新卒の就職サポートも充実しています

 

DYM就職』はエントリーはとても簡単です。

登録時に希望場所と、日にちを指定したら、後に電話がくるようになっています。

電話で簡単なカウンセリングを受けたら、来社の日時を決めるって感じです。

 

 

WEB登録は1分で終わります

今なら来社でQuoカードがもらえたりしますし、迷わず就職のプロに相談しましょう!

 

 

まとめ:「就活で全落ちした…」と絶望している時間なんてない

 

「就活で全落ちした…」と絶望している時間なんてありません。

内定は、「面接社数 ×(最終 )面接突破率」で決まります!

両方の数字を上げるために、今すぐ行動しましょう!

↓登録必須の内定獲得サービス↓

  1. 最短即日内定可能イベント
    →『MeetsCompany20卒
  2. 即日内定率50%超えのエージェント
    →『ジョブコミット』(20卒
  3. 既卒生も使うことができる
    DYM就職』(2019卒・20卒

 

なお、おすすめの就職サイトは以下の記事に全て載せています

参考記事これで決まり!おすすめ就活サイトをプロが7つ厳選

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大学生が始める最高の自己投資 , 2018 All Rights Reserved.