Webコンサル・メディア編集長フリーランスの公式ブログ

【2018年1月19土曜】1万PV未満でブログ月収10万を達成する低PVアフィリ戦略実践セミナー開催!

【WordPress有料テーマはGPLに注意】複数サイトで使い回し可能か確めよ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

 

本気で「ブログ集客」したい方や「アフィリエイター」などは、WordPressでブログを作る際に有料テーマを選ぶかと思います。

その際、意識してほしいのがWordPressにライセンス(GPL)が付与されているかどうかです。

 

ライセンス(GPL)がテーマに付与されていれば、誰もがWordPressテーマを複数サイトで使い回したりすることが可能です。

しかし、「GPL」が付与されていないのに、無断で複製したり、複数サイトで同一テーマを使い回したりすると、ライセンス違反となります。

 

本記事では、ライセンス「GPL」について簡単に説明するとともに、ライセンス違反にならないオススメWordpress有料テーマをいくつかご紹介いたします。

 

WordPressテーマにも著作権がある

 

WordPressテーマも本と同じです。

誰かが作ったものには「著作権」があるため、他人が無断で使うことはできません。

 

WordPressテーマのライセンスとは?

 

では、WordPressテーマのライセンスとは何なのか?

ライセンスを簡単に説明すると、製作者が著作権を持ったまま「使ってもいいですよ」という許可証です。

ここで、大切なのは、WordPressテーマのライセンスは以下の二つに分けられるということ。

  • ライセンスが100%GPLのテーマ
  • それ以外のライセンスのテーマ

です。

 

WordPressテーマにライセンスが付与されているメリット

 

では、Wordpressテーマにライセンスが付与されているメリットがあるのか?

それは、ライセンスが100%GPLのテーマを使えば、一度の購入で使い回せるということ。

 

同一のWordPressテーマを複製したり、他サイトに使い回したりすることが可能なのです。

 

使い回しできるWordpressブログテーマについてはこちらの記事に書いています。

参考記事→ 【厳選】複数サイトで使い回し可能な『WordPress有料テーマ』5つ

 

WordPressテーマのライセンス「GPL」とは?

 

「GPL 」は、General Public Licenseの頭文字です。

 

GPLの下では共有、変更や編集が可能

 

全ての利用者が自由にその商品を使えるように保証するためのライセンスで、かなり自由度の高いライセンスであると言えます

 

ほとんどのアプリケーションのライセンスは、アプリの共有、変更や編集を禁止していますが、GPLライセンスの下では、共有、変更や編集が可能です。

 

GPLライセンスの4つの権利(自由)

 

GPLライセンスでは、利用者に4つの自由を保証しています。

  • どんな目的に対しても、プログラムを望むままに実行する自由
  • プログラムがどのように動作しているかを研究し、必要に応じて改造する自由
  • 身近な人を助けられるよう、コピーを再配布する自由
  • 改変した版を他に配布する自由

引用:自由ソフトウェアの定義(GNU 一般公衆利用許諾契約書

 

GPLライセンスによって、上記4つの自由が保証されているため、WordPressテーマをカスタマイズしたり、共有、変更や編集が可能です。

 

WordPressによるGPLの記述

 

WordPressに以下のような文言があります。

 

もし WordPress がひとつの国家だったなら、その権利章典は GPL ライセンス になるでしょう。なぜなら、GPL は私たちの基本的な自由を保護してくれるからです。

(中略)

結論として、提示された WordPress テーマは WordPress の著作権の元にあるコードの派生物を含んでいます。それぞれ独自の作品である画像、CSS、PHP ファイルをまとめたこれらのテーマは、全体を GPL ライセンスにする必要はありません。

テーマも GPL ライセンス(WordPressより)

 

結局、この文章から言えることは、WordPressは GPL ライセンスをテーマ開発者に推奨しているということ

ただ、必ずしもGPLである必要なないということですね。

そのため、先ほど説明したように、WordPressテーマには以下の2つのライセンス形態があるのです。

・ライセンスが100%GPLのテーマ
・それ以外のライセンスのテーマ

 

ああ、結論、購入するのであれば、「ライセンスが100%のGPL」を購入しよう!ということです。

それでは、「ライセンスが100%のGPL」のオススメWordPress有料テーマ3選をご紹介いたします。

 

GPL(ライセンス)が付与されているオススメWordPress有料テーマ3選

 

GPL(ライセンス)が付与されているWordpress有料テーマの中から、僕が特にオススメするテーマを3つを挙げます。

 

これらのテーマを使えば、複数サイトで使い回すことができますし、3つともデザイン、カスタマイズ性、サポート体制に優れる万能テーマです。

 

1. Elephant3

 

価格 21600円(単体購入)
39800円(半年間のBMSサポート付きプラン)
特徴 超新発売(2018年5月12日)
主な使用用途 ブログ・ビジネス集客
マニュアルの有無 公式HPに有り
サポートの
有無
ブログサポート付きプランを選べば
半年間の無料サポート

 

まずは、僕が使っている「Elephant3」。

本気でブログ集客をしたい方にオススメのテーマです。

 

テーマを購入する時に、ブログ運営者650人を超えるBMS(ブログマーケティングスクール)付きプラン(39800円)を選べば、半年間の無料サポートを受けられます。

 

僕もBMSに属しているのですが、BMSでは、ブログの設定のみならず、アフィリエイトやWEB集客などについても学ぶことができ、質問もし放題です。

 

Elephant3」は2018年の5月11日に発売されたばかりの新テーマですし1番オススメです.

 

 

2.  DIVER

価格 17980円
特徴 全てをいいところ取りしたテーマ
主な使用用途 ブログ・アフィリエイト
マニュアルの有無 WordPressの管理画面から閲覧可
サポートの
有無
サポート期限・回数は無制限

 

今人気の「DIVER」(17980円)はクールなデザインにこだわるブロガーにオススメのテーマです。

サポートの期限や回数が無制限ですし、価格を抑えた万能テーマです。

 

 

3. 賢威

価格  24800円
特徴 圧倒的なSEO対策。
主な使用用途 アフィリエイト・会社HP・ビジネス集客
マニュアル
の有無
「SEOマニュアル」
「コンテンツ制作マニュアル」付き
サポート
の有無
購入者限定の
サポートフォーラム(賢威フォーラム)有り

 

最後に、アフィリエイターや会社HPにオススメ「賢威」(24800円)。

購入者限定のサポートフォーラムが有ったりと絶大な人気を誇っています。

 

 

GPL(ライセンス)が付与されているWordPress有料テーマを使おう!

 

テーマのカスタマイズや使い回しのためにも、GPL(ライセンス)が付与されているWordPress有料テーマを使っていきましょう!

ともっち(@gongondaiでした!

 

繰り返しになりますが、以下の記事では複数サイトで使い回し可能なWordPress有料テーマを紹介しています

参考記事使い回し可能なWordPress有料テーマ3選【複数サイトOK】

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ともっちofficial blog , 2018 All Rights Reserved.