20代の生き方・働き方から常識を撤廃する

管理人「ともっち」のプロフィール!

【傑作】WordPressテーマ「スワロー」ほどシンプル&綺麗なテンプレートはない

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら

どうもともっち(@gongondai)です!

「スワロー」は、「OPENCAGE」 さんとブロガーの八木仁平さんの共同制作によって作られたテーマで、シンプルで洗練されたデザインがコンセプトです。

「スワロー」からは、あらゆる無駄が削ぎ落とされています。

また、傑作テーマなのにもかかわらず、有料テーマにしては、9800円とかなり安いんです。

以下に、あなたが「スワロー」使うべき理由を最初にリストアップしておきます。

スワローの特徴

  • OPENCAGEの前作であるWordPressテーマ「ストーク」を継承
  • 超シンプル(サイト読み込みスピードが超高速)
  • パソコンに詳しくなくても綺麗にサイトを作れる
  • スライダーを設置可能
  • SNSのフォローボタンがデフォルトで設定されている
  • ビジネスやアフィリエイトに最適

本記事では、「スワロー」を実際に使ってみての評価を書いています。

メリットだけではなく、少し使いづらいところなども書いているので、購入の際の検討材料にしてもらえればと思います。

一つ注意点。

実は、僕のブログなのですが、「スワロー」から別のテーマに変更いたしました。

現在の僕のブログテーマは「ELEPHANT3」です。

「スワロー」も「ELEPHANT3」も初心者に優しい良テーマなので、両者のメリット・デメリットを抑えて購入してください。

詳しくはこちら使用レビュー!WordPressテーマ「ELEPHANT3」はブログ集客にオススメすぎる件

 「スワロー」の特徴(メリット)5つ

 

僕が感じる「スワロー」の魅力を5点挙げていきますね。

1. ストークを継承している

「スワロー」はOPENCAGEの前作であるWordPressテーマ「ストーク」を継承しています。

「ストーク」は超有名な有料ブログテーマで、皆さんも一度は目にしたことがあると思いますよ!

 

「スワロー」は、「ストーク」やWordPressテーマ「ハミングバード」からショートコードなどが引き継げますので、お引越しが簡単です。

「スワロー」、「ストーク」ともに、スマホで見ても型が崩れない『モバイルファーストなので、誰が見ても見やすく、読みやすいデザインになっています。無料のブログテーマだと型崩れとかが起こりウザイですからね。

また、多くのショートコードやサイトカラーもあらかじめ搭載されていて、とても使いやすいです。初心者にありがちな、カスタマイズに時間がかかって記事を書く段階までなかなか行けないなんてことはありません。

こんな感じの「吹き出し」も簡単に作れます!とにかくパソコンの技能とか関係なしに、誰でもカスタマイズできるって感じです!

ともっち

僕が「ストーク」を選択しなかったのは、あまりにも多くのブロガーさんが「ストーク」を使っていたため。

やっぱり自分だけのオリジナリティ出していきたいじゃないですか!

2. シンプル

「スワロー」は、OPENCAGEさんの共通のコンセプトでもある「誰が使っても美しいデザイン」を追求しています。

サイドバーやフッダーなどもとてもシンプル。読者さんが記事に集中できるようなデザインになっていますね。

また、ブログの記事構成ですが、サイドバーなしのワンカラム、サイドバーありのツーカラムと選べます。

デモサイトは、ワンカラムになっています。

僕のサイトは、ツーカラム。

3. 誰でも綺麗にサイトを作れる

HTMLやCSSとかの知識がなくても綺麗なサイトが簡単に作れます。

少なくとも僕くらいのサイトは余裕で作れます。

基本的なプログラミングとかの知識が全くない僕でも直感的で簡単です。

上記の画像のようにカラーは簡単に選べますし、テーマの設定も下の動画のように超イージー。

 

僕は、発売されたその日に買ったのですが、その日中に速攻でカスタマイズが終わりました。

パソコンに詳しくない人が、無料テーマを買って設定に時間かける(過去の僕)のはマジで時間の無駄です。あらかじめ綺麗に整っている有料テーマを買うことをオススメします。

デザイン設定はサクッと一段落させて、記事を書かないことにはブログは継続できませんから。

4. スライダーを設置可能

スライダー機能もストークを継承しています。

ブログのトップページにある記事のアイキャッチ画像が、一定時間ごとに変わります。

記事をトップページの載せスライドさせることで、見てもらいたい記事を読者に読んでもらうことができます。

5. フォローボタン

僕は、このフォローボタンが好きですね。

よく、シェアボタンのあるサイトは多いと思うのですが、綺麗なフォローボタンが付いているサイトって案外少ないんじゃないかと思います。

僕のサイトだと、上の写真のような感じです。

Feedlyなどのフォローが超なんです。ブログを購読してくれる読者を増やせるので!

フォロワーを増やして固定ファンを増やしたいものです!

「スワロー」を使うデメリット3つ

良いところだけ書いても、ただのセールスみたくなってしまうので、使いづらいところとかも書きたいと思います。

1. スワローは複数サイトで使いまわすことができない

おそらく、これが1番のデメリットかと・・・

多くのブログテーマは、ライセンスが付与され、同一テーマを複数サイトで使い回すことができます。

しかし、「スワロー」は、ライセンスが付与されておらず、一つのサイトでしか使うことができません。

そのため、ブログテーマを買って、複数サイトを作りたい人には「スワロー」をおすすめすることができないんです。

もし、複数サイトで使い回し可能な『WordPressテーマ』を探しているのでしたら、下記のサイトをご覧ください。

 

 

2. サイト速度は大丈夫か?

1つ気になっているのが、前作「ストーク」のサイト表示速度が遅いという評判です。

ただ、僕は、「ストーク」を使っていないからよくわかっていませんし、少なくとも「スワロー」の読み込み速度が遅いとは全く感じません。

また、これに関しては、WordPressテーマ「ストーク」は多くの有名ブロガーさんが使っているくらいですし、全く気にしなくていいとは思います。

それに「スワロー」は「ストーク」よりも速くなるように改善されていと思います。何しろ、シンプルですからね。

他のブロガーさんからも、僕のブログは「表示されるのが速いね!」と言われています!問題なしでしょう。

3. 見出しのチョイスが少ない

2つ目はカスタマイズ性です。

僕が個人的に気になっているのは見出しのチョイスが3種類しかないという点。

デフォルト、ステッチと吹き出しの3種類だけなんですね。
僕が前使っていたブログテーマ「Elephant」では、見出しが数百種類から選べたので、スワローでは見出しが人と被りやすいです。

ただ、見出しのチョイスが3種類しかないというのはあくまでスワローのデフォルトに依存した場合。

物足りないと思ったら、後でオシャレにカスタマイズできます。

WordPressのデザインをカスタマイズする方法

見出し1つ目(デフォルト)

 

見出し2つ目(ステッチ型)

 

見出し3つ目(吹き出し型)

ネット上でのスワローの評判

僕の意見だけではなくて、ネット上の声も拾ってみました。

  • デザインがイケてる
  • 読み込みスピードが速い
  • スマホでも見やすい
  • ランディングページがCTAを作成可能でビジネスにも最適

どの有料テーマにするか迷っている人にとって、「スワロー」を買えば外すことはないと思います!

「スワロー」の価格について

「スワロー」は有料テーマですが、値段は安めで9800円です。

「オープンケージ公式サイト」でスワローのデモページをチェックしてみてください!

使い勝手がどうとか、簡単な質問だったらツイッターで質問受け付けます。

ともっち(@gongondai)でした!

ツイッターでたくさん情報流しています  →ブロガーともっち(@gongondai

ともっち

この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生最適化ブログ , 2018 All Rights Reserved.