Webコンサル・メディア編集長フリーランスの公式ブログ

【2018年1月19土曜】1万PV未満でブログ月収10万を達成する低PVアフィリ戦略実践セミナー開催!

WordPressテーマ「スワロー」の利点と難点を本音でレビューしてみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

 

どうもともっち(@gongondai)です!

「スワロー」は、「OPENCAGE」 さんとブロガーの八木仁平さんの共同制作によって作られたテーマ。

「スワロー」はシンプルかつ洗練されたデザインがコンセプトで、あらゆる無駄が削ぎ落とされています

 

また、傑作テーマなのにもかかわらず、有料テーマにしては、9800円とかなり安いんです。

以下に、あなたが「スワロー」使うべき理由を最初にリストアップしておきます。

 

スワローの特徴

  • OPENCAGEの前作であるWordPressテーマ「ストーク」を継承
  • 超シンプル(サイト読み込みスピードが超高速)
  • パソコンに詳しくなくても綺麗にサイトを作れる
  • ヘッダーにスライダーを設置可能
  • SNSのフォローボタンがデフォルトで設定されている
  • ビジネスやアフィリエイトに最適

 

本記事では、「スワロー」を実際に使ってみての評価を書いています。

メリットだけではなく、デメリットなども書いているので、購入の際の検討材料にしてもらえればと思います。

 

一つ注意点。
実は僕のブログなのですが、「スワロー」から「ELEPHANT3」に変更いたしました。

「スワロー」も「ELEPHANT3」も初心者に優しい良テーマなので、両者のメリット・デメリットを抑えて購入してください。

詳しくはこちら使用レビュー!WordPressテーマ「ELEPHANT3」はブログ集客にオススメすぎる件

 

 WordPressテーマ「スワロー」のメリット5つ

 

WordPressテンプレートスワロー

 

早速、僕が感じる「スワロー」の魅力を5点挙げていきますね!

 

スワローのメリット1.  ストークを継承しており使いやすい

 

「スワロー」はOPENCAGEの前作であるWordPressテーマ「ストーク」を継承しています。

「ストーク」は超有名な有料ブログテーマで、皆さんも一度は目にしたことがあると思いますよ!

 

WordPressテーマストーク

 

前作からショートコードなどを引き継いでいる

 

「スワロー」は、「ストーク」WordPressテーマ「ハミングバード」からショートコードなどが引き継げますので、お引越しが簡単です。

 

多くのショートコードやサイトカラーがあらかじめ搭載されており、とても使いやすいです。

 

こんな感じの「吹き出し」も簡単に作れます!パソコンの技能とかは関係なく、誰でもカスタマイズできますよ〜

ともっち

初心者にありがちな、カスタマイズに時間がかかりすぎて、記事を書き始められないなんてことはありません!

 

モバイルファーストで使いやすい

 

また、「スワロー」、「ストーク」ともに、マホで見ても型が崩れないモバイルファーストなので、誰が見ても見やすく、読みやすいデザインになっています。

 

無料のブログテーマだと型崩れとかが起こり、使いにくいですからね…

ともっち

 

スワローのメリット2.  シンプルで見やすい

 

冒頭でも触れましたが、「スワロー」はとにかくシンプル

 

サイドバーやフッダーがシンプル

 

「OPENCAGE」 さんのコンセプトでもある「誰が使っても美しいデザイン」を追求しています。

サイドバーやフッダーもスッキリしていて、読者さんが記事に集中できるようなデザインになっていますね。

 

ワンカラムとツーカラムを選択可能

 

また、ブログの記事構成ですが、サイドバーなしのワンカラム、サイドバーありのツーカラムと選べます。

デモサイトは、サイドバーなしのワンカラムになっています。

今の僕のサイトもワンカラムですね。

 

ただ、僕が以前スワローを使っていた時は、ツーカラムで使用していました。

 

WordPressテーマスワロー

 

スワローのメリット3.  誰でも綺麗にサイトを作れる

スワローのデザイン

スワローの特徴として、カスタマイズしやすいという点が挙げられます。

HTMLやCSSとかの知識がなくても綺麗なサイトが簡単に作れるんです

 

パソコンに詳しくなくても設定が簡単!

 

プログラミングなどの知識が全くない僕でも直感的で簡単でした。

上記の画像のようにカラーは簡単に選べますし、テーマの設定も下の動画のようにかなり簡単。

 

 

一番大切なのは、記事を生み出すこと

 

僕は、発売されたその日に買ったのですが、購入したその日中にカスタマイズが終わりました。

 

パソコンに詳しくない人が、無料テーマを買って設定に時間かけるのはマジで時間の無駄です!早く記事を書きましょう!!

ともっち

 

WordPressテーマ(テンプレート)を選ぶときには、綺麗で設定が簡単な有料テーマを買うことをオススメします設定に悩まず、記事を書き始めることができるというのは、ブログ継続の必須条件ですからね。

 

WordPress無料テーマを買った時の僕の失敗談はこちら

オススメ記事WordPress初心者が「有料テーマ」を使うべき理由を「無料テーマ」で失敗した僕が語る

 

スワローのメリット4.  スライダーを設置可能

WordPressテーマスワローのスライダー

スライダー機能もストークを継承しています。

 

スライダーとは・・・
駅で見かける「電子広告」のように、ブログトップページにあるアイキャッチ画像が一定時間ごとに切り替わるもの。
アイキャッチ画像をクリックすると、該当のその記事にジャンプします。

ピックアップ記事を読者に読んでもらうことができるんですね。

スライダーがどのように表示されているかは、「スワロー」のデモサイトで見ることができます。

 

スワローのメリット5.  フォローボタンが設置されている

スワローのフォローボタン

 

続いて、フォローボタン。

僕は、このフォローボタンが好きですね。

 

SNSのシェアボタンが付いているサイトは多いのですが、SNSフォローボタンが付いているサイトって案外少ないんじゃないかと思います。

僕のサイトだと、上の写真のような感じです。

 

フォロワーを増やして固定ファンを増やしたいものです!

ともっち

 

さて、続いては、「スワロー」を使うデメリットです。

 

ブログテーマ「スワロー」を使うデメリット3つ

 

良いところだけ書いても、ただのセールスみたくなってしまうので、使いづらいところとかも書きたいと思います。

 

スワローのデメリット1.  複数サイトでの使い回しができない

 

おそらく、これが1番のデメリットかと・・・

 

多くのWordpress有料ブログテーマは、ライセンスが付与されており、一度の購入で、同一テーマを複数サイトで使い回すことができます。

 

しかし、「スワロー」は、ライセンスが付与されておらず、一つのサイトでしか使うことができません。

 

そのため、ブログテーマを買って、複数サイトを作りたい人には「スワロー」をおすすめすることができないんです。

もし、複数サイトで使い回し可能な『WordPressテーマ』を探しているのでしたら、下記のサイトをご覧ください。

 

 

スワローのデメリット2.  サイト速度が遅いという評判?

 

1つ気になっているのが、前作「ストーク」のサイト表示速度が遅いという評判です。

※サイト速度が遅いという評判は、あくまでストークの評判です。

スワローは十分速い!

 

ただ、これについては大丈夫だと断言します

もちろん、「ストーク」に関しては、使っていないからよくわかりませんが、少なくとも「スワロー」の読み込み速度が遅いとは全く感じません。

 

また、「スワロー」のみならず、WordPressテーマ「ストーク」自体も大丈夫でしょう。

多くの有名ブロガーさんが使っているくらいですし、全く気にしなくていいとは思います。

 

「スワロー」は「ストーク」の改善バージョン

 

「スワロー」は「ストーク」よりも速くなるように改善されています[/keikou]。

何しろ、シンプルですからね。

 

他のブロガーさんからも、僕のブログは「表示されるのが速いね!」と言われていました!問題なしでしょう。

 

ちなみに、僕が「ストーク」を選択しなかったのは、あまりにも多くのブロガーさんが「ストーク」を使っていたため。

やっぱり自分だけのオリジナリティ出していきたいじゃないですか!

 

スワローのデメリット3.  見出しのチョイスが少ない

 

2つ目はカスタマイズ性です。

僕が個人的に気になっているのは「見出し」のチョイスが3種類しかないという点。

デフォルト、ステッチと吹き出しの3種類だけなんですね。

 

僕が現在使っているWordPressブログテーマ「Elephant3」では、「見出し」が数百種類から選ぶことができるので、スワローでは「見出し」が人と被りやすいです。

 

ただ、見出しのチョイスが3種類しかないというのはあくまでスワローのデフォルトに依存した場合。

物足りないと思ったら、後でオシャレにカスタマイズできます。

参考記事WordPressのデザインをカスタマイズする方法

 

以下に、「スワロー」で使える「見出し」を3つ載せておきます。

 

見出し1つ目(デフォルト)

 

こちらがデフォルトバージョンの見出しです。

スワローの見出し

 

見出し2つ目(ステッチ型)

 

続いて、ステッチバージョンの見出しです。

スワローの見出し2

 

見出し3つ目(吹き出し型)

 

最後に吹き出しバージョンの見出しです。

スワローの見出し3

 

ネット上でのWordPressテーマ「スワロー」の評判

 

僕の意見だけではなくて、ネット上の声も拾ってみました。

  • 安い!コスパがいい!!
  • デザインがイケてる
  • 読み込みスピードが速い
  • スマホでも見やすい
  • ランディングページがCTAを作成可能でビジネスにも最適

 

「スワロー」へのネガティブなコメントはあまりないですね。

「スワロー」は有料テーマですが、値段は安めで9800円です。ほんとコスパがテーマです!

 

やはり、個人的にデメリットだと思うのは、複数サイトで使いまわすことができない点のみ。

 

どうしても、テーマを複数サイトで使い回ししたい方は以下の記事をご覧ください。

あなたにオススメの記事

↓一度きりの購入で複数サイトで使い回せるWordPressテーマを5つご紹介↓

【読者特典付】複数サイトで使い回し可能なWordPress有料テーマを5選

 

まとめ:WordPressテーマ「スワロー」で成果を出そう

 

本記事では、WordPressテーマ「スワロー」を実際に使っていた僕がメリット・デメリットを書きました。

「スワロー」を使えば、デザイン&操作性にも優れるため、「ブログを書こう!」とテンションは爆上げになるはずです。

 

ただ、最後に伝えたいのは、
WordPressテーマの購入はあくまでスタートでしかないということ。

テーマを買って、記事を書いて、考えて、また記事を書いて…

無限に試行錯誤して、ようやく稼げるようになりますので

 

以下の記事に僕がブログを初めて一年間の試行錯誤を書いています。ぜひ読んでみてください!

参考記事【月収70万円突破】開設1年で確信した「ブログで稼ぐ」に大切な原則

 

こちらも必見

↓僕の1,100,000万円売れたnoteはこちら(ブログで稼ぎたい人は必見)↓

たった12,000PVでアフィリ収益23万を達成した僕が語る低PVでも高収益を狙う方法

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、フリーランスになった23歳。現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務めつつ、法人のWebマーケティングコンサルタントを行う。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ともっちofficial blog , 2018 All Rights Reserved.