「今」を自分の時間で生きて楽しむ情報を発信する

管理人「ともっち」のプロフィール!

【就活×面接】「あなたの短所は何ですか?」は正直に答えるべき理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら

 

「あなたの短所は何ですか?」

これは、就活でよくある質問です。

長所はいいとして、短所ってどういう風に答えればいいのか迷いますよね。

 

短所を言って、イメージを下げるのもよくないし、「短所がない」とは言えないし…..難しいところですよね。

ともっち

 

その結果、なんとなく誤魔化すっていう人が多いと思います。

例えば、「私はものすごく負けず嫌いなのが短所です」みたいな曖昧な回答。

 

ただ、正直、自分を守っている感が強すぎて違和感やばいですよね。

では、自分の短所について、どう答えるべきなのでしょうか?

 

人事や面接官の本音

 

短所をストレートに言うべきか、誤魔化すべきかある人事の方に聞いてみました。

すると、人事の方はこう言っていました。

 

うまーく取り繕おうとしても嘘ってバレてる笑、正直に言ってくれればいいのに・・・

 

つまり、「あなたの短所は?」への、”遠回しで曖昧な回答”は微妙です。

「正直に自分の短所を答えろ」ってことですね。

 

つまらない嘘をつかれると、面接官としても、「やる気なくなる」らしいですので気をつけてください。

そもそも、なぜ、「あなたの短所はなんですか?」という質問をするのでしょうか?

どのように答えるのが正解なのか?

 

どんな質問でも意図を知っておけば、何を答えるべきなのかがわかるので、少し掘り下げてみましょう。

 

短所を聞く意図

 

面接官が就活生に短所を聞く理由は4つです。

  • 社風に合っているのか
  • 自己分析ができているのか
  • 短所をどう捉えているのか
  • 長所は何か

 

1.社風に合っているのか

 

まず、「回答から社風に合っているのか?」「入社後その会社の雰囲気の中でやっていけそうか?」判断します。

超体育会系の商社で、「人と上手く会話するのが苦手です。」なんてアウトですよね。

 

また、何を語っているのかよりも、どう語っているのか。

また、その人の顔つきによって、企業と就活生がマッチしているかはある程度判断可能です。

 

2.自己分析ができているか

 

短所を聞いてくる次の意図は、自分自身をどれだけ理解できているのか?

短所はある程度改善できるものです。

でも、自分の短所をしっかり把握できていなければ、改善はできません。

 

長所にについても同じです。

自分の長所や関心をある程度理解できていなければ、その武器をどう活かせばいいのかわかりません。

自分をどれだけ把握できているのかをチェックされています。

 

3.自分の短所をどう捉えているのか

 

どのように課題や困難を捉えているのか?その姿勢が見られています。

つまり、前向きな姿勢があるかどうかです。

 

ビジネスでは、様々な課題や困難が待ち受けていますが、それを乗り越えなければなりません。

 

そのため、短所をどうカバーするのかを意識しましょう。

ただ単純に短所をあげるだけではなくて、前向きに困難を解決していく姿勢を示すことが重要です。

 

4.長所は何か

 

質問の最後の意図は、短所から本当の長所を判断することです。

皆さんも聞いたことあるかもしれませんが、短所と長所は表裏一体の関係にあります。

 

僕の場合を例にすると、短所は、何かがあると周りが見えなくなること笑。
逆に長所は、何かこれだってものを見つけた時の、集中力は誰にも負けないこと。没頭力です!。

 

つまり、短所を掘り起こせば、その人の本当の長所も見えてくるんです。

面接官は、短所を語らせることで、就活生が自ら語らない長所を見極めようとしています。

回答の際には、長所をアピールできるように短所を答えられるといいですね。

 

そもそも短所があるのなんて普通

 

短所を聞かれる理由とポイントは抑えれられたかなと思いますが、そもそも、短所があるのは当然です。

どんな道のプロにだって短所はあります。

スティーブ・ジョブズだって、こだわりやプライドが強すぎて、とても協調性のある性格だとは言えません。日本だったら何よりも大きな短所と言われてしますかもしれません。

しかし、その圧倒的な独創性、完璧主義で、iPhoneなどの大ヒット商品を生み出しています。

 

重要なのは、長所。

「何でも屋」ではなくて、何か突き抜けた能力を求められた時代になってきています。

うまく、自分を繕って内定もらえても、入社してから辛いのは自分ですしね。

「時間にルーズで、遅刻が多いのが私の短所です」みたいな救いようのない、人間性を疑われるような回答をしなければ大丈夫です。

まとめると、以下が、回答の際の僕からのアドバイスになります。

  • 社風を意識
  • 長所を含めた自己分析をする
  • 短所を補う姿勢、補える武器を見せておく
  • 短所を長所に紐づける

 

さいごに

 

短所は長所の裏返しなので、何となく取り繕うのではなくて、正直に言いましょう。

適当に嘘ついても誰の得にもなりません。

長所につながる、または、長所を察してもらうような回答を考えておくといいかもしれません。

ともっち(@gongondai)でした!

 

活中のあなたにはこちらの記事がオススメです

 

就活に関する質問は大歓迎です。

メッセージはツイッターまでブロガーともっち(@gongondai)

ともっち

この記事を書いている人 - WRITER -
常識から逸脱したい20代社会人と、意識高い系大学生が「人生を最適化する」ためのブログ。キャリア論、生産性向上、ライフハック、就活、大学生活、ブログ運営について発信中。現在はブロガー・ライター。しかし、8月からは外資系ファームでITコンサルタント。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ともっちのエンタメ , 2017 All Rights Reserved.