20代の生き方・働き方から常識を撤廃する

管理人「ともっち」のプロフィール!

人が「劇的に変わる」たった1つの要因は「環境」である理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、ブロガーになった23歳。 現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務める。このブログでは、個人で稼ぐ方法・人生を最適化するためのサービス・考えを発信中。
詳しいプロフィールはこちら

どうもともっちです!

今回の記事はホリエモンの著書、「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んで感じたことを書いていきます。

みんな変わりたいのにやらない

「ああ、今の生活を変えたい」って言ってる人どこにでもいますよね。

でも、結局何もやらない。

「やってみたい」とか言っているのに、「やらない」理由はいたってシンプルです。

それは「やりたい」って言っていることが、本当は必要ないから。
マジで変わりたいってと思ってないからです。

本当に自分を変えたいなら、「変わらなくちゃ!」っておもって、勝手に行動できるはずなんです。

無意識的であっても。

自分が変わるためには、環境が大事です。
もっというと、環境が変わってマインドがどう変化するか。

例を挙げると、貧困家庭から多くの大富豪が生まれるのもそういう理由だと思います。自分の人生を変えたいから、必死に勉強して、ひたすら考える。今の生活を抜け出したい。だから、行動を起こせる。

環境は人を変える一番のパワーです。

 

多くの人が自分が変わるための環境に身を置いていない

 

自分が変わりたいと思うのは、「なりたい姿」を目にするからです。

テレビで、億万長者の生活を見たとか。サッカー少年がメッシ選手のプレーをテレビで見たとか。

読書もそうでしょう。自己啓発本、ビジネス書を読んで、「自分もこうなりたい」って思ってるんです。

でも、実際は行動を起こすことがなかなかできない。

自分は本当にその行動を必要としていないから。

変わらなくちゃいけない環境に身を置いていないから。

 

だったら、変わる必要がないのかもしれないですが。

それでも、変わりたいなら、まず環境を無理やり変えることから始めましょう。

 

環境を変える

 

最初から、やらなければいけない環境に置かれている人もいます。

例えば、ホリエモンは、福岡で育ちましたが、親がかなり厳しかったとのこと。
実家から出たいという強い想いもあり、東大合格に向けて必死に勉強したと。東大なら親を納得させられるからです。

最初は判定不能なくらいの成績でしたが、最終的に猛烈な追い上げで合格してしまいます。

「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」には、

ホリエモンの生い立ちが書かれていて面白かったです。図抜けた創造力はこうして出来上がったんだなと思いました。ホリエモンが女の子の前で話せなかったという部分が個人的にはうけました笑

 

やらなきゃいけない環境にいる人はある意味ラッキーだとも言えます。

でも、多くの人はそういう環境にいません。

本当に変えたいことがあって行動したいならば、自らやる環境を作り出さないといけません。

1.付き合う人を選ぶ

周りの人間てめちゃくちゃ重要です。

人は、周りの考えから影響を受けてしまいます。

いつも悪口をいう人といたら自分も悪口を言うようになっています。

いつも楽しそうな人といたら、あなたも日常を楽しめる人間になっていきます。

だから、こういう人になりたくないと思う友達がいたら思い切って距離を置くべきで、こういう人になりたいって人がいたら関係を深めましょう。

僕の場合、自分を貫く人、主張する人といたら、僕も自分を恥ずかしがらずに表現できるようになっていました。

その友達は僕がシドニーにいた頃の南米の友人です。

組織で言ったら、自分がなりたいというタイプの人たちが半分以上を占める集団に属すべきです。

オススメ記事↓

幸せになりたいなら『多数派』になれる『環境』を選ぶべき3つの理由

2. 場所を変える

自分を変えたいなら場所を変えましょう。

こっちの方が少しハードルは高いのかもしれませんがより効果的。

時間や選択権がある大学生や若い方ならより簡単にできます。

僕は、去年、シドニーにワーホリに行きましたが、英語を超ハイレベルまで上げると言うのが一つの大きな目標でした。そこで、自分の英語を強制的に磨くために、観光地のど真ん中で英語が飛び交うイタリアンレストランで働いたんです。

最初は、全然聞き取れなかったです。オーストラリア人・イタリア人の英語は全然わからなかったんです笑。そのため、コミュニケーションがうまくいかず、徐々にクビを切られると言う恐怖が出てきました。

だから、意識せずとも、勝手に毎日のように朝6時にカフェ行って、4時間くらい勉強できました。

英語とレストランメニューの勉強です。

クビにされたら、食っていけないっていう危機感があったので、気づいたら必死勉強していました。環境のパワーのおかげです。

場所が変わると、人、雰囲気全てが変わります。

場所の変化は、無意識に自分が「変われる」強制力をもたらしてくれます。

だから、アルバイト、仕事、住む場所にしても自分のなりたい姿に応じて環境を変えるべきです。

たとえなりたい姿がなくても、環境によってあなたのなりたい姿が見つかるかもしれませんし。

さいごに

僕らの今の考え方、人格は「環境」に依存していると言えます。

逆に環境を利用して自分を変えましょう。

どうしても変われないのなら、この動画を見てくてください↓

この動画を見て変われない人は一生変われません。

【感動動画】DJ社長の『好きなことで生きていく』がすごい・壮絶

感想・意見・質問は大歓迎です!! ツイッターでフォローお願いします!→ブロガーともっち(@gongondai

ともっち

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系コンサルティングファームの内定を辞退し、ブロガーになった23歳。 現在は、スタートアップ企業のメディア事業部責任者を務める。このブログでは、個人で稼ぐ方法・人生を最適化するためのサービス・考えを発信中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生最適化ブログ , 2017 All Rights Reserved.