僕がシドニーワーホリ中に月60万稼げた理由。給料の仕組みを紹介!

ワーホリ

 

どうもともっちです!

僕は、2016年5月から2017年の2月にシドニーでワーホリ生活をしていました!

大変なことは無数にありましたが、生存力、英語力、友達、給料・・・・など得られたものは数え切れません。

ワーホリ滞在中に最も多くの時間を費やしたのが、仕事です。

僕は、シドニーオペラハウス近くのイタリアンレストランでウェイターをしました。

今回は僕が働いたレストランの紹介となぜ月60万稼げたのかを説明したいと思います。

 

レストランはシドニーオペラハウスのすぐそば

 

僕が8ヶ月働いたイタリアンレストランは、Zia Pina Pizzeria The Rocksというレストラン。

イタリア人オーナーが経営している小さなレストランです。

Circular Quayっていうオペラハウス、ハーバーブリッジのすぐそばの駅から徒歩4分くらいです。

ということで、めちゃめちゃ忙しい場所に位置しているんです。

 

 

こじんまりとして、おしゃれな感じなんですが、夜は戦場に変わります。

とにかく忙しいんです。

忙しすぎて、通算3回鼻血を出したことがあります。

あれは、ウェイターじゃない。ソルジャーだった。

女性を採用しない理由も頷けます笑

 

店内 http://ziapinatherocks.com.au/gallery/

 

 

こちらが外から見た様子です。穏やかですよね。一見ね。

 

外から見た様子 http://ziapinatherocks.com.au/gallery/

 

 

ただ、店内からちょっと外に出て見ると、オペラハウスが見えたり、毎日のように止まってる豪華客船が見えてリラックスでしたね。

休憩中は、賄いを食べて、外散歩してまた仕事に戻るって感じでした。

賄いはタダで、20ドルとか30ドルするピザとかパスタを食べることができました。

 

オペラハウス(ぼやけてる)

 

 

よくわからない豪華客船。めっちゃうるさい

 

 

カルゾーネ(折りたたみピザ)

 

ストレスしかないレストランだった笑

 

さて、ロケーション、そして忙しさはわかっていただけたと思います。

では、8ヶ月働いて見てどうだったか?

 

フラストレーション溜まりまくりでした。

 

僕がブチ切れた回数は数え切れません。

一番大きな原因は、カルチャーですね。

イタリアンとかスペイン人とかが多かったんですが、彼らは全然OKでした。

やばいのは、南米カルチャーです。

あいつらは全然働きません笑

お客さんの多いテーブルだったら、堂々とオーダー取るの避けますし、忙しくてもスマホいじってます。

僕なんか、鼻血出しながら階段上り下りしてるのに、あいつらはポケモンGOやってたんです笑

勤務態度悪すぎる奴はクビにされてましたが。

 

何度、同僚にブチ切れたかわかりません!

真面目でいい同僚だった韓国人なんかストレスでやめてしまいました。

 

ただ、働くうちに慣れてきちゃうんですね。本当は、慣れるべきじゃないんですが笑

自分も楽しみながら、働くっていう技術は身につけられたと思います。

 

しかし、南米人とかにもいい部分はあります。

あいつら、やるときはものすごい集中力で仕事をこなします。

信じらんないスピードで。力の入れどころを知ってるのかもしれません。

 

なんで、ブラジルとかがサッカー強いのか少しわかった気がします笑

まあ、インターナショナルで面白い職場でした笑

 

同僚とのパーティー

 

 

肝心の給料は?

 

タイトルにもある通り僕は月に日本円換算して約60万円もらってる時期がありました。

オーストラリアは給料高いっていうのは聞いたことがあるかもしれませんが、この数字は割とバケモノ級だと思います。

ワーホリでオーストラリアに行った日本人でここまでもらった人はあんまりいないんじゃないかと思います。

では、なぜ60万もらえたのか?

 

このレストランはベース級でだいたい1日160ドルくらいもらえました。

そして、そこにチップが加わったんです。

オーストラリアにはチップ文化はないんですが、観光地だったので特別だったんです。

1日一人当たり平均60ドルくらいですかね。

すごい日だったら、100ドルとか。

だから、日給で軽く200ドル超えるんですね。

時給で給料をもらえるレストランではなかったのですが、チップ入れてだいたい時給2200円くらいだったと思います。

日本の時給の2倍ですね。

 

そして、僕の場合は、ほぼ毎日シフトもらってました。そして、フルタイム。

一週間で70時間働くとかは全然普通でしたね。

1日10時間を7日で、1週間70時間となります。

どんなブラック企業入っても戦える時間自身がつきました笑

 

そんなこんなで、月に60万超えてしまったんです。

やっぱワーホリは稼げます。

 

結論、給料の高さと半端ない労働時間で60万円に到達したわけです。

それなりに忙しい、観光地で働けば、給料はいいですし、運が良ければチップももらえます。

あとは、どれだけ信頼を得て、シフトを入れてもらえるかだと思います。

 

まとめ

 

僕が働いていたレストランがどんな感じかわかっていただけたと思います。

また、なぜ僕が月60万円ももらえていたのかも。

もう一回働くのはきついですが、あのレストランで得られたものは計り知れません!

みなさんがもしシドニーに行くなら、オペラハウスを見た後にでもZia Pina Pizzeria The Rocksに行ってみてください!

パスタとかピザのクオリティは高いと思います。そして、僕にコメントください笑

ともっちでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

朝4時半に起きて作業を始める変態大学生ブロガー。 サバイバル能力に自信あり。シドニーワーホリでは、「チップキング」になり、月70万を稼ぐ。 趣味は読書、海外旅行、未知への出会いで、来年8月から外資系ITコンサルタント。 常識とかレッテルとかが嫌い。 読者の方と、1対1のコミュニケーションを大切にするのがブログ理念です!。メッセージはツイッター(@gongondai)でお願いします!