LINEでお役立ち情報を発信中

大学生の就活やスキル習得を支援するブログ

内定先に満足できない時に推奨したい2つの道【妥協もあり】

アバター
WRITER
 
内定先に満足できないなら
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。

18卒就活アドバイザーのともっちです。

この記事を読んでいるあなたは、内定を持っているものの、今の内定先に満足できない方だと思います。

新卒組ですと夏頃、転職組だとオールシーズン、自分は再就活するべきか?または、内定先に妥協するべきか悩む方が増えることでしょう

 

結論から言うと、あなたは再就活を前向きに考えるべきです。

ただし、内定先に妥協したとしても、しっかりと自己投資をして、市場価値をあげるならばOK

少し複雑かもですが、あなたには2つの道があるということです。

 

本記事では、会社を経営している僕の目線で、あなたが再就活やキャリアをどう設計するか解説します。

キーワードは、「やるべきことはやる」と「市場価値」です。

 

内定ブルーなら再就活するべき

 

「内定をもらったけど、納得いかない…。」

「もっといい会社がある気がする…。」

あなたは内定ブルーと言われる状態になっているかもしれません。

では、どうすればいいのか?

 

結論から話すと、あなたは再就活するべきです。

理由は、やるだけやって、結果がついてこないならば、人間は納得することができるから。

 

一方、やれることがあるのにも関わらず、やらないで、結果がついてこないと、猛烈な後悔をすることになるんです。

「あの時、妥協せずもう少し就活を頑張っていれば、もっとやりたいことをできたかもしれない…」

「大事な就活でなんで逃げたんだろう?あと、ちょっとだけ頑張ればよかった…」

 

あなたが、内定先に妥協したとして、「いい会社だった…」と思えるならそれでいいのですが、高い確率であなたは後悔します。

 

だからこそ、やれることはやるべき。

たとえ、1〜2ヶ月ほど再就活し、失敗したとしても、行動したことによる後悔のダメージは小さいです。

期限を決めて再就活しましょう!

 

再就活をするならば、下記のエージェントがオススメです。

最短即日で、平均でも2〜3週間で内定をもらうことができます

登録必須の内定獲得サービス

  1. 1日8社と面談可能なイベント
    →『MeetsCompany20卒)
  2. 即日内定率50%超えのエージェント
    →『ジョブコミット(20卒)
  3. 既卒生も使うことができる
    →『DYM就職2019卒・既卒

 

あなたの再就活を阻む理由3つ

 

さて、後悔したくないならば、あなたは再度就活をするべきだという話をしましたが、実際問題は、いろんな制限がありますよね。

この章では、あなたの再就活を阻む理由を3つ述べるとともに、その解決策を述べます。

 

1.内定承諾を迫られている

 

まず、1番シビアなのが、既存の内定先企業から承諾期限を決められており、その日時が迫っている場合。

内定承諾期限が1ヶ月以内だと、再就活してもいいのか?とても悩ましいことでしょう。

 

内定承諾期間が1週間〜2週間に迫っている場合

これに関して言うと、もしあなたの内定承諾期限が1週間以内に迫っていて、今選考中の会社がない場合は、基本的に既存の内定を承諾するのがいいと考えられます。

既存の内定を断って、白紙で就活を始めても不安なことは間違いないですからね。

再就活したとしても本来のパフォーマンスを発揮できない可能性が高いです。

ただし、新卒即日内定イベントのMeetsCompany20卒)などを使って、最速で就活を決めという方法もあるので、ぜひ検討してみてください。

 

選考中・内定承諾期間が2週間〜ある場合

現在、他者が選考中だったり、内定承諾期間が2週間〜であったりと、まだ比較的時間がある場合は、ゼロから始めても内定をもらえる可能性があります。

そのため、再就活を本記事で頑張ってみるといいです。

新卒ならば、MeetsCompany20卒)』。

既卒・転職ならば、『DYM就職』(既卒)を使うと比較的内定が決まりやすいです。

 

2.再就活の時間がない

 

学業や仕事などで、再就活の時間がないというケースも多いです。

仕事などは時間の調整が難しいかもしれませんが、研究などの場合、相談すれば調整可能な場合が多いです。というのも、教授だって、学生の進路が大事であることはわかっています。

そのため、「時間がない…」と決めつけるのではなく、自分から積極的に調整するよう、周囲の人を含めて働きかけましょう。

 

また、先ほど紹介したMeetsCompany20卒)のようなイベント、『DYM就職』(既卒)のようなエージェントは時間を短縮して、あなたと企業のマッチングを計ってくれるので、時間がない場合は利用必須です。

早く就活を終わらせたい場合にも、イベントやエージェントの利用は必須です。くれぐれも独力で就活をしないように….。

参考記事新卒就活エージェントおすすめ5選【内定イベントも紹介】

 

3.周囲の人間は就活を終えており「不安」

 

3つめは精神的なものですが、”自分だけ”再就活をするというのが不安であると言う状態。

転職組だったらもはや周りにも言えないくらい孤独だと思います。

 

「人と違うことをするというのが不安である」というのは、僕としてもよくわかります。というのも、僕は普通に就活をしたものの、内定先である外資系コンサルティングファームに入社せず、フリーランスになったからです。

僕の場合、再就活とは、全然違う状況ではありますが、人と違う道を行ったり、違うことをするというのには、どうしても「不安」が付きまとうのです。

 

でも、独立が成功し、会社経営者になることができた僕としては、自分で自分の道を決断できて本当によかったと思います。人間、やれることを全部やれば後悔しません。

また、選んだ道を全力でやればその道を後悔することはないでしょう

だから、もし再就活が不安でも、自分の決断に自信を持って、やりきってください

きっとうまくいきます!

 

内定先に妥協しても、スキルアップするならばOKです。

 

さて、ここまで、「内定先に満足できない」ならば、最終化するべきだという話をしましたが、僕的には妥協してもOKだと思っています。

 

ただ、もちろん条件があります

それは、どんな企業に属そうとも、たとえ個人になろうとも、生かせるスキルを身につけることです。

 

あなたが、企業に依存しない個人スキルを持ち合わせば、入社後いくらでも転職できます。

また、内定先企業でいち早く出世できるかもしれませんし、独立・起業だって可能です。

 

具体的なスキルとともに、もう少し深く解説しますね。

 

個人力をつければ、会社に依存しなくてもいい

 

先ほども少し話しましたが、僕は大学卒業を機にフリーランスになり、2年目の24歳になった今、月収は100万円をキープすることができています。元々、就職が決まっていた僕ですが、自分なら個人でやっていけると思い、独立するに至ったのです。

僕の場合は、ライティングスキルでした。企業のWebライティングを個人でやったり、マーケティング力を培っていたからです。

 

個人で稼ぐことができれば「会社に就職するのも一つの選択肢だな」って就職への捉え方も変わりますよ。副業で月20万円稼いでいるプログラマーの話を聞いていても、スキルがあれば転職も余裕そうです。

 

内定先に妥協してもいいから今すぐスキルを身につけよう

 

再就活せず、内定を早々に受け入れ、スキルアップしていくのを一経営者の僕としては、大いにオススメしています。何度も話していますが、スキルがあれば、たとえ就職したとしても出世・転職・独立の敷居がグッと下がります。

 

再就活のための時間を、自己投資に当てて、強い個人になりましょう。

 

最もおすすめなスキルがプログラミング

 

ちなみにこれからの時代、スキルとして最もおすすめなのがプログラミングです。

理由は、2〜3ヶ月で大人顔負けのスキルが身につくだけではなく、キャリア上、収入上圧倒的に有利だから!

何から手をつけていいかわからない大学生や第二新卒こそ、プログラミングを身につけ、ぜひ稼ぐ力を身につけてください!

参考記事就職活動に超有利!大学生がプログラミングを今すぐ学ぶべき理由

 

内定先に満足できないならば、再就活かスキルアップのどちらか!

 

まとめます。結論、内定先に満足できないならば、再就活をするか、スキルアップして将来のキャリアに賭けるかのどちらかです。

本記事では、今すぐ行動するヒントをたくさん与えたと思うので、ぜひ即行動してみてくださいね!

参考記事【自己投資せよ】大学生の有意義なお金の使い方11選

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大学生が始める最高の自己投資 , 2019 All Rights Reserved.